> > > お金を借りる時にカードローンの同時申し込みは駄目?

お金を借りる時にカードローンの同時申し込みは駄目?

カードローンの申し込みを考えていますが、審査に通るかわからないし、できれば大きな金額を借りたいのでいくつかのカードローン会社に同時に申し込もうと思っています。しかし、カードローンに詳しい友人からあまり同時に申込まないほうが良いと聞きました。その時は時間がなくて理由を聞けませんでしたが、いくつかのカードローンに同時に申し込むのは何か問題があるのでしょうか?カードローンの複数同時申し込みは駄目?

お金を借りたいなら複数同時申し込みはお勧めしません

その理由は複数同時のカードローンに申し込むと、審査に通らなくなる可能性が上がるからです。特にカードローンで借入をする必要はないけど申しっこんでみるという人はあまり多くないでしょう。やっぱり、申し込むからにはできればお金を借りたいですよね?お金を借りたいと思っているのであれば、知人の方のおっしゃる通り複数申し込みはお勧めできません。

複数のカードローンに同時に申し込みをしているという事実は、個人の信用情報として記録されます。つまり、A社とB社それぞれ二つのカードローンに申し込んだ場合には、A社が信用情報を確認すればB社にも申し込んでいるということがわかりますし、逆にB社からもA社に申し込みをしているということがわかります。つまり、お互いの申し込みがわかるのです。

ここでカードローン会社が我こそはと貸し付けをしてくれれば利用者はウハウハですが、世の中はそんなに甘くありません。逆に、お互いがどのくらい審査に通したかどうかを確認することができず、安全策を選択した結果、両方の企業が良くない審査結果を出すことが通常です。二社くらいであれば、金額が小さければ両方の審査に通ることもあるかもしれませんが、対象が増えれば増えるほど審査に通らなくなる可能性は高くなるのです。

あなたの友人があなたにお金を貸してほしいと言ってきたとしましょう。貸そうかどうしようか考えているときに、その友人がほかの人にもお金を貸してほしいと打診していることがわかったらどうでしょうか?「そんなにお金が必要なのか?」「返せるのか?」「え?こっちは保険かな?」などと多くの疑問や不安が生じることになると思います。これはカードローンでも同じことです。

そう考えるとやはり借り入れはできれば一つのところに申し込みをして、もしも借りれなかったらまた時間を少し置いて別のところに申し込みをするのが理想です。カードローンの複数同時申し込みで良いことは全くないと思っていて間違いないでしょう。ましてやその件数が二件を超えるようであれば、借り入れは一層難しくなると考えて間違いはありません。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

同じ日にカードローンの同時申し込みは駄目?

カードローンの同時申し込みは駄目?という疑問は多くの人が抱いています。カードローンは審査に通らないかもしれないという不安や、より多くの金額を借り入れしたいという願いから同時に多くのカード会社に申請する場合があります。結果から言うとこれは駄目という訳ではありません。

しかし、信用情報に書き込まれる事になるので通常では多くのカード会社に申請している人は審査に通る事は出来ません。金策に走っておりお金に困っていると判断されて、返済能力が無いと判断される事になります。同時申し込みが発覚してしまうのは、3日以上かけて申し込みをした場合です。

この3日があれば信用情報に申請の有無を書き込まれてしまう事になります。同時申し込みをしたいのであれば、長くても2日までに申請を終わらせておく事が大切です。そうする事によって、同時申し込みをしている事をカード会社に発覚せずに済んで、上手くいけば複数のカードが作れたりどちらか片方だけでも作れる場合があります。

しかし、審査にどちらも落ちてしまった場合には過去に同時申し込みをした上審査に落ちたというレッテルを貼られてしまいます。そうなれば半年間はどこのカード会社でも審査に通る事は出来なくなるので、この行為をするにはそれなりのリスクが付いて回ります。

出来ればカードローンを利用しなくてもいいぐらいに年収を上げて、いざという時の為に持っておきたいという理由になるぐらい裕福になってから申請したいところです。それほどに年収や勤続年数があれば二つ返事でカードローンを利用可能にしてくれます。信用と実績が無ければ作れないのがカードローンであるので、出来るだけ無茶な申請や駄目とされている方法を取らずに上手く利用していきたいところです。

信用情報は積み重ねであるので、どの様な場合においても社会的信用度を落とさない様に心がける事が大切です。人生は長く何があるかわからないので、そういった時に対処が出来るようにしておくことが大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ