> > > カードローンで増額の申し込み方を教えてもらえませんでしょうか

カードローンで増額の申し込み方を教えてもらえませんでしょうか

お世話になっています。無事カードローンを申し込み、利用することができているのですが、最近、今の限度額では足りなくなってきています。気が付けば限度額いっぱいまで借りていて必要な時に借りれないということが何度かありました。

そこで、今度はカードローンで増額の申し込み方を教えてほしいです。申込みの時には少し少なめの限度額で申し込んでいたのが悔やまれますが、今の状態から限度額を増やすにはどのような手続き方法があるのでしょうか?

方法はいろいろありますが簡単に申請できますよ!

増額の申込みにはいくつかの方法があります。しかし、どの方法もそれほど難しいものではなく、申し込みと比較するならば割と簡単に申し込みができます。カードローン会社や増額後の限度額の大きさによっては書類の提出が必要になることもありますが、後ほどそのことについても触れておきますのでご参考にどうぞ。

まず、申し込みですがインターネットを利用したwebサイトからの申込み、電話による申し込み、そしてATMなどを利用したその他の方法があります。その他の方法には各社バラつきが大きく、インターネットwebサイトからの申込みもできるところとできないところがあるので、一般的に一番簡単な方法は電話による申し込みでしょう。

まずはカードローンの提供元に電話します。今ではほとんどのカードローンがコールセンターやサポートセンターを設けていますので、電話して増額をしたいということを伝えましょう。あとはカードローン各社の方法を電話で説明してくれるはずです。会社によって手続き方法には少し違いがあるかもしれませんが、増額に関する書類が届いて、その書類に従って手続きを進めるということになります。

この時に大切なのは住所変更などの手続きを先に終わらせておくということです。届け出の内容に変更があることが後から判明した場合には、再申込みなど何かと煩雑になりがちです。また、住所変更が終わってなければそもそも増額書類が届かないということも起こり得ます。自分の情報が申し込みの時と変わっているのであれば、その情報の変更手続きを先に行ったほうが無難です。

また、特に最初のカードローン申し込み時の限度額が小さく、増額の結果各社の定める一定の金額を超えるようであれば、収入の証明を求められることもあります。申し込みの時点ですでに提出していれば必要ないこともありますし、増額後の限度額によって増額しても必要ない場合もあります。収入証明の書類は借り入れ限度額やカードローン会社によっても違いますので提出する場合があるということを覚えておけばよいでしょう。

また、勤務先など重要な情報が変わっているようであればこの場合にも注意が必要です。極端に収入が減少しているような場合には増額の申込みにも関わらず減額されるということもあり得ます。勤務先が変更になっている場合には申し込みの時と同様に在籍確認が入ることもありますのでその点にも注意が必要です。

カードローンで増額の申し込み方として有名な3つの方法とは

日々の暮らしの中で、まとまったお金が必要な時にそれを充たすだけの残金が無い時ほど不便なことはないでしょう。それらの不足分を親や友人から借りるという方法もありますが、そのようなことをしていると次第に関係性を悪化させかねないもの。そんな事態を回避する意味でも、銀行や消費者金通が提供するカードローンサービスを活用すると、便利にお金を捻出することが可能となります。

このカードローンとは簡単な契約手続きによって一枚の個人専用カードを発行し、それを用いることで近場のATMから手軽に融資金を引き出すことが出来る借り入れ方法のこと。特に最近ではコンビニと提携したカードローンが増えてきており、24時間いつでも融資金を手に出来るようになってきています。

カードローンの利用にあたっては利用限度額というものがあらかじめ決められています。これは利用者の年収や職業などをもとに算出されたものであり、利用者はこの範囲内においてATMからお金を引き出すことが許されるのです。しかしながら、中にはこの限度額だけでは不足金が充足されず、さらなる追加での融資を必要にする人も少なからず存在します。そんな時、カードローンで増額の申し込み方としてはどのようなものがあるでしょうか。

代表的な手法としては3つのものがあります。まずはカードローン専用のホットラインに相談を持ちかけて増額を依頼するというやり方。この場合、増額審査の見通しなども尋ねながら手続きを進めることが出来るので安心です。また、店舗窓口において増額申し込みを行うというやり方も存在します。そして3つ目として挙げられるのが、インターネットの公式サイトから増額申し込みを行うというやり方。この場合、ログインしてマイページに入った後で増額申し込みの項目を探してエントリーする方法が一般的と言えるでしょう。

増額に関しては、利用者の転職や年収アップを証明することによって融資額の増額が認められたり、またはこれまでの利用歴が1年以上に渡り、何ら問題なく借り入れと完済を続けてきた人であるなら、顧客としての信用度もそれなりに上昇しており、そのレベルに応じて増額が認められる場合もあります。
(⇒カードローンの増額をしたい方にオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ