> > > カードローンに複数申込みすると審査に通りにくくなるって本当?

カードローンに複数申込みすると審査に通りにくくなるって本当?

カードローンの申し込みを考えています。急な出費でできるだけ確実に借り入れたいと思っていて、審査に通らないというのは避けたいので複数申込みをする予定にしていました。

すると知人から「複数申込みをすると審査に通りにくくなる」ということを聞いたのですが、カードローンに複数申込みをすると審査に通りにくくなるのでしょうか?もしわかればその理由も教えてほしいです。

複数申込みをすると全く審査に通らない可能性が高まります!

知人の方のおっしゃる通り、複数のカードローンに申し込みをすると審査に通らなくなる可能性はどんどん高まります。もし、どうしても借りなければならないのであれば、一件申し込んで審査が通らなかった時に次のカードローンに申し込みをして、できれば二回目以降は店頭などで一件目の審査に通らなかったということを説明して借り入れの申込みをするのが理想かもしれません。

一見するとそれぞれのカードローン会社はそれぞれに審査を行っているように見えますが、実はお金を貸すか貸さないかという判断の元となる情報は「個人信用情報機関」から得ています。この機関は数件しかなく、どこのカードローン会社も同じ信用情報機関の情報を参考にしていると考えても良いぐらいです。つまり、どこから申し込みをしても一つの情報機関の情報をもとに判断をしていると言っても過言ではないのです。

そしてこの信用情報機関には過去の借入の支払い状況、現在の借入の状況などの情報が蓄積されています。つまり、ここの情報をもとにあまりに借り入れが多いようであればカードローン会社が貸し付けを拒んだり、減額したり、そしてまだ余裕があるようであれば貸し付け増額の打診をしたりしているのです。

更に信用情報機関では申し込みの状況も確認できます。同時に複数のカードローンに申し込めば、たとえ今現在借り入れが全くなかったとしても、それぞれが貸し付けを行うことで返済能力を上回る貸し付けをしてしまう可能性が出てきます。そこで、複数同時に申し込みをしているような状況が確認された場合には安全のために貸し付けを断ることが多いのです。

この結果、複数の申し込みをしていると全てのカードローン会社が用心した結果、どこからも借りれないという可能性が高まります。この申込みを行ったという履歴は数か月間保存されますので、その間に再度申し込みを行ってもやはり審査に通らないということが継続する可能性が出てくるのです。本来であれば一件申し込んだら断られたとしても最低でも三か月くらいの期間を空けて他社に申込むというのが理想的なのです。

しかし、この考え方に基づけば一回断られるとしばらくの間借りれないということにもなります。もちろん、現実として借りることができるのは金額が小さかったり、断られているということがハッキリと分っている場合です。そうなると、申し込みのできる最低金額で他社に申し込みを行うか、もしくは店頭で直近の申込みが既にに断られているということを明確にして借り入れを打診すると、審査に通ることもあります。

カードローンの審査で注意すべき複数申込みとは

カードローンの審査では、複数申込みが審査に影響を及ぼすことがあります。これは一定期間内に複数のサービスに申し込みを行う事で、個人の信用に不利な条件となってしまうことから注意が必要になるのです。この複数申込みが影響して、融資を受けることが困難になってしまうケースもありますので、このような状況を回避する為にも、基本的な知識を身に付けておく必要があります。

カードローンの申し込みを行った事実は、信用情報機関に保存されるものです。そして、短時間に複数のカードローンのサービスに申し込まなければならない状況は、既に幾つかの金融機関から融資を断られたという事実が確定している為に、新たな融資を受ける事が困難になる要素となってしまうのです。カードローンのサービスを提供する業者側は、申込者の個人情報を信用情報機関で照会しますので、この事実が判明する事で審査に不利な条件として扱われる事になります。

この短期間での申し込みが問題となる基準としては、一般的なカードローン業者では一ヶ月に三社程度の申し込みをした場合が影響を与える要因となります。これは各業者により異なる基準を採用しているために、他に申込者の有利な条件が証明されれば、繰り返し融資を申し込んでいても借り入れが出来る可能性は大きくなります。

そして、個人信用情報機関の借入の申込の情報は、通常は一カ月程度で消されることが多くなります。しかし、登録状況により、この情報が三ヶ月程度保存される事もあることから、複数申込みを行った場合には、三カ月間程度は新たな申し込みを控える事が重要になります。

この申し込みを繰り返し、サービス利用の査定に影響を与えない為にも、匿名で受ける事ができ信用情報に影響を与えない仮審査を受けてみる事が大切です。予めこの補足的な審査を受け、融資の可否が把握できていれば、複数の申し込みを行う事が回避でき、より確実にサービス利用がはじめられます。

【参考ページはこちら】
色んな銀行でカードローンを申込むとデメリットがある?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ