> > > 信用情報って何?カードローンの申込みとの関係性とは

信用情報って何?カードローンの申込みとの関係性とは

カードローンを申し込むときに信用情報が必要になると聞いたのですが、何を指している言葉なのでしょうか。

信用情報は個人の属性または支払いに関する情報です

信用情報は属性情報と支払い情報に分けられます。属性情報と言うのは、住所、氏名、電話番号、収入などの個人の属性に関する情報で、支払い情報は、ローンやクレジットカードなどの利用状況を示す情報です。ですからカードローンの申し込みの時には、どこに住んでいて、どんな仕事をしていて、年収はどのくらいなのか、クレジットカードの利用状況やお金の借り入れ状況などの信用情報を申告することになります。

これらの情報は、信用情報機関で管理され、必要があればいつでも開示請求できる仕組みになっています。全国の金融機関のほとんどが信用情報機関の会員なので、カードローンの審査の時には必ず情報を開示請求して他社からの借り入れや、クレジットカードやローンでの延滞や債務整理がないか確認します。

延滞や債務整理はカードローンの審査では非常に不利になりますので、銀行のカードローンであれば、審査落ちは免れる事はできません。しかし消費者金融であれば、銀行に比べて審査に柔軟性があるので、属性情報との兼ね合いを見て判断してもらえる可能性もあります。しかし未成年や、収入がない人はカードローンの審査に通る可能性は低いので、予め仮診断で確認しておきましょう。(こちらもご参考に→無職でもカードローンを利用したい!という方にオススメ記事

信用情報の属性は、定期的な収入があり、他社からの借り入れや延滞がなければ、安定します。金融機関によっては、即日融資可能というところもあるので、利便性に富んではいますが、無理の無い借り入れを心がけましょう。

信用情報はカードローン申込みに必須の審査

信用情報はカードローン申込みに必須の審査です。信用情報は、これからお金を借りる人物の債務の情報のことを言います。つまり、現在消費者が抱えている借金の情報のことを言うのです。全国に存在している金融機関は、お互いに債務者の情報を共有することが出来る立場にありますので、簡単な照会で消費者の情報を知ることが出来るようになっているのです。そのため、ごまかしはききません。

信用情報で気をつけなくてはいけないのは、消費者にとって不利な情報が書かれてしまっていることもあることです。そもそも、金融機関がなぜ審査の際にこのような情報を閲覧するのかというと、融資の申請をしている人が本当にお金を返済してくれるかどうかを確認するためなのです。返済能力を確かめるためにこの情報を見るわけですから、不利な情報があると当然審査に響くことになります。

また、この情報には過去に法律的な手段で債務を整理していないかも記載されています。借金を抱えすぎて返済できなくなってしまったときには、債務整理という手段によって借金を全て無くすことが出来るのですが、実は一度この手段を取ってしまうとその情報が情報に載ってしまうことになるのです。そのため、お金を借りるときにはまず自身の借金の状態を理解しなくてはいけません。

信用情報の審査のポイントは、余計なことは絶対にしないということです。例えば、複数の会社に対して融資の申請を考えた場合、融資の相談をしたという事実だけでもその情報が記載されてしまうことになるのです。融資の相談をしただけで借りるつもりがなかったとしても、必要以上に金融機関に対して相談することは実はあまり良くないことなのです。

当然ですが、今まで一度も融資の申請をしたことがない人はこの審査で落とされることはありません。信用情報はあくまでも消費者の債務の状況を判断するためのものであって、個人のプライバシーが載っているものではないということを知っておかなくてはいけません。

【参考ページはこちら】
すぐにカードローンを作る方法を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ