> > > カードローン申し込み数回だと「申込ブラック」になるのですか?

カードローン申し込み数回だと「申込ブラック」になるのですか?

自分は借金といえば住宅ローンがあります。他のローンは何もありませんし、現金を借りるカードローンもキャッシングも利用したことはありません。ですが、子どもたちの大学受験を前にオープンキャンパスに全国行きたいと思っていて、そのための資金をボーナスが出るまでの間、カードローンで借入をしようかと考えています。

妻が貯金を崩すのは嫌だといいますし、ボーナス払いでなんとかしてくれと言われたんですよね。かといって、高速代や飛行機代、ホテル代をボーナス払いでというわけにもいかず、考えた末カードローンが一番簡単でいいかなと思ったんです。

ですが、住宅ローンがあるのに審査が通るんだろうかと心配でもあるし、一番金利の低いカードローンをみつけたので、審査に落ちても何回もチャレンジしてたらいつかは申し込めるだろうと意気込んでいたら、友人が申込ブラックになるから気をつけろよというんですよ。まだ借入もしていないのに、そんなことあるんですか?

「申込ブラック」は実際によくあることです

カードローンの審査は、「今日は人数が多いから審査に落とそう」的な安易な考えではないんだから、一度落ちたからまた申し込んで、また落ちたからまた申し込んで…。ということを繰り返しても意味がないですよ。落ちても落ちても日数を空けずに申し込むと本当に「申込ブラック」になります。それ以外にも、複数社のカードローンに同時に申し込むことも同じです。同時というのは、1週間以内くらいの間に複数社のカードローンに申し込むということです。

1日のうちに何社にも申し込むのは当然論外です。なぜ申込ブラックになるかといえば、貸金業者から言わせると、そんなに急いでお金が必要なのか?そんなに切羽詰まっているのか?と疑問になるからです。結局、計画性が無い人というふうにもとれるし、信頼もできなくないですか?自分が友人にお金を貸してくれと頼まれて、その人が自分以外の人にも「金貸して」「金貸して」と言い回っていたら、どんな気持ちになる?

なんだか、誰にでも貸してくれと言っているのか、それなら誰かに貸してもらったらいいじゃん、という気持ちになりませんか?それと一緒だと思うんだよ。業者だからどんな扱いでもいいだろうという考えは、こっちはお客だからどんなわがままも聞き入れられて当然という考えの人と一緒だよね。カードローンは、保証人もなし、担保もナシで『現金』を『貸してくれる』素晴らしいシステムなんだよ。

それはいくら金利を払ってるといっても、消費者には感謝するくらいの気持ちが必要だと思うんだよね。実際わたしもカードローンのおかけで助かっていること多いしね。貸金業者が消費者を選ぶ時、一番は返済能力があるか否かなんだよ。それって、返済するだけの稼ぎも必要だけど、借りたお金を返す誠実さも必要になるよね。みんなに貸して貸してと頼んで、頼まれた側は「貸せるかな」「どうしよう」と思案したり、考えたりしてそのための時間を割いているわけだ。

なのに、全部に通ったら好きなところを一社選ぶとか、ちゃんと審査されて落ちたのに、またすぐ申し込むなんて行為は信頼を失う事だと思わない?わたしはそう思うんだよ。だから、一社一社丁寧に扱ってもらいたいし、審査に一度落ちたら、なぜ落ちたのか?を真剣に考えてもらいたいね。申込ブラックは間違いなくあるからね。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローン申し込み数回だと審査に無条件で落ちる

カードローンはとても便利なシステムですが、利用出来るようになるまでの道のりが長いです。申請をして仮審査と本審査に通過する事が出来れば利用開始する事が出来ます。しかし、この本審査が非常に厄介な事柄となっており利用希望者からするとこの本審査が正念場ということになります。

簡単に通過する事は出来ないので、今までに審査に落ちたという人はたくさん存在します。そういった人は審査に通る見込みがある経済力や社会的信用度を身につけてから再審査してもらうことになります。そこで注意しておきたい事がカードローン申し込み数回だと無条件で審査に落ちるということです。

審査に申し込むのにはリスクが無いように見えますが、実際には大きなリスクが存在します。カードローンに申し込む度にその記録が信用情報に残ってしまいます。つまり他社のカードローンの申込をした時に担当者に他の会社のカードローンを申請して審査に落ちた事が発覚してしまいます。一度落ちた程度では影響は無いですが、数回審査に落ちている場合には無条件で審査を落とされる場合があります。(こちらもご参考に→カードローン審査に落ちた時は再度申込みしてもいい?

必死に金策に走っていると判断される為であり、そういった場合にはしっかり返済してもらえる見込みが無いからです。借金には金利が付く事になります。実際に借りた金額よりも多くの金額を返済するのは、お金に困っている人にとっては非常に困難な事であり、借金を返済する為にまた借金をするという事態に陥る可能性が高くなります。

そういった事を未然に防ぐ為にも、申込を繰り返している利用者は審査で落とされる事になります。そうならない様にするためには、まず自分の経済力でも審査に通る可能性があるカード会社を探す事です。会社によって審査基準は大きく変わってくるので、探し続ければいずれ自分でも利用できるカードローンを見つける事が出来ます。

その時にミスしないように十分な経済力と安定性を身に付ける事が大切であり、カードローンを利用する為の必須条件です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ