> > > 昔の住所でカードローンを申し込みすることできるの

昔の住所でカードローンを申し込みすることできるの

カードローンで、お金を借入したい時には、審査を受けることになるのですが、審査にはいくつかの項目がありますね。勤め先、収入、成年か未成年かなど、ベースにあるのは、貸す相手として信用できるかどうかを測っていることになります。ところで、素朴な疑問なのですが、昔の住所でカードローンの申し込みってできるのでしょうか?

カードローンの申し込みで、昔の住所での申込みはできないし、絶対にしてはいけないですね

カードローンの申し込みをする時、昔の住所を記入することで、どのようなことが起こるかということですが、そもそも、カードローンの申し込みや審査において絶対にしてはいけない事として、「嘘をつかない!」ということがあります。これに当たりますね。つまり、昔の住所を記入することは借入の申込み時に絶対にしてはいけないことに相当します。

実は、申込書の記載において、年収や勤続年数、また他社からの借り入れ額といった項目で嘘や偽りを書いてしまう人は少なくないのです。(こちらもご参考に→カードローンの申込みでウソの年収を書いたらどうなる?

そして、申込書の記載内容や審査において記述した嘘は、必ず審査の過程でばれてしまうと考えた方が賢明なのです。たとえば、今回の「昔の住所でカードローンの申し込む」との嘘は、カードローンの専用カードや契約書類等が申込書に記載された住所に送られてくるので、宛先無しで返送されればすぐにばれてしまいます。

また、他の項目でも、住所や勤め先は金融機関で必ず確かめると考えられるので、やはりばれてしまう確率は非常に高いと言えます。そして、昔の住所を記載していた事実が発覚すると、その結果としてまず間違いなく審査に落とされると考えてよいでしょう。

また、毎月の利用明細書も申込書に記入された住所に送られてくるので、これでも嘘の住所はばれますね。年収・勤め先・住所に関する嘘は致命的なミスとなって審査に落とされると考えてよいのです。

たとえば、申込書の住所記載において住所を間違えてしまっただけでも審査に落とされる場合は多々あります。それゆえ、意図的に昔の住所でカードローンの申し込みした場合は100%審査に落とされると言えるのです。それゆえ、昔の住所でカードローンに申し込みするという行為は、自殺行為に等しいと言ってもよいでしょうね。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準について詳しく教えて!

昔の住所でカードローンを申し込みしてもいいのか

カードローンは持っていると便利なカードですが、利用のためには厳正な審査を受けて通過する必要があります。この審査がカードローンを利用するまでにクリアしなければならない事柄の中で一番厄介な事であり、誰もが通過できるというわけではありません。一般基準よりも少しでも下回る経済力である場合には、簡単に審査は通りません。併せて社会的信用を持ち合わせていなければなりません。

では、そんな厳正な審査に書く個人情報の住所欄に昔の住所を記入すればどうなるかというと答えは明白です。間違いなく審査で落とされる事になります。これは何か裏があってこういうことをしていると見られると共に、こういったお金が絡む重要な取引において嘘を書くのは信用できないとされるからです。

これはカード会社としては当然の処置という事になります。しかし、昔の住所で申し込みをしても通過する場合があります。これは何故なのかということを説明する前に、個人情報の真偽の確認をどのような方法で行っているかを説明する必要があります。個人情報は利用希望者から送られてきた情報を信用するのではありません。信用情報として登録されている個人情報と照らし合わせて相違が無いかを確かめます。つまり、信用情報に記載されている住所が昔の住所になっているとすると、個人情報は本物であると判断されて審査に通る事がでてきます。
(⇒カードローン審査に通過しやすいコツってあるの?

つまり転居届を市役所に提出していない場合です。この提出は国民の義務とされていますが、手続きが面倒である事を理由に手続きをしていない人がいます。そういった場合においてはまだ転居した事が信用情報に書き込まれていないので、カードローンの利用審査の際に昔の住所を記載しても審査に通る事があるという事です。逆に言うと転居届けを出していない場合において、新しい住所を記載してしまうと間違いなく審査に落ちてしまうという事になるので、こういった届出はしっかりしておく必要があります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ