> > > 注意が必要?カードローンを複数社申し込みする時

注意が必要?カードローンを複数社申し込みする時

まとまったお金が必要になりお金を借りようと思っているのですが、できるだけたくさん借りたいので何社かから借り入れをしたいと思います。友人から聞いた話では複数のカードローンの申し込みは審査に影響して借り入れできないこということなのですが、本当ですか?本当でれば、なんとか借り入れできる方法はないのでしょうか?

注意が必要?カードローンを複数社申し込みする時

同時に複数のカードローンの申し込みを行うと「申し込み不審者」や「申し込みブラック」という要注意人物とみなされ審査に影響します。

カードローン会社は個人信用情報機関というところに加盟しなければならず、利用者の情報はそこに必ず登録することになっています。登録された情報は加盟するすべてのカードローン会社が検索閲覧することができるので、同時に申し込みを行うとそれもすぐにわかります。申し込みの情報は半年間保管され、その後抹消されます。なので、半年間は申し込みを行っても「申し込みブラック」扱いとなってしまいます。

複数のカードローンで借り入れをするならば、まずは1社に申し込みを行って借り入れる。その後に半年ほど経ってから次のところに申し込みを行う。という風に時間を空けて申し込みをした方がいでしょう。半年の間に複数社に申し込むと審査にはとおらないでしょう。1社目に銀行カードローン、2社目に消費者金融カードローンという順番であれば半年も空けなくても借り入れはできるかもしれませんね。

カードローンの申し込みの際に注意することってなに?

急な出費でお財布がピンチになったとき、カードローンに申し込んでおけば安心です。キャッシュカードでお金を引き出すような感覚で、専用のカードを使って簡単にお金を引き出すことができるのです。

この便利なカードローンを利用するためには、業者へ審査の申し込みをしなければなりません。業者によって審査の細かい方法は異なりますが、基本的な目的は共通して、申請者が信用できる人物かどうかを見極めることです。お金を貸したのに、返ってこないとなると業者側は大きな損害を被ってしまいます。そのようなリスクが高いと審査でみなされてしまった場合、融資をうけることができない可能性が高くなります。

なんとかして審査に通りたい。そんな思いが一人歩きしてしまい、申し込みの際に提出する書類に嘘の記述をする人がいます。申し込み時に記入する項目は、氏名や年齢、住所、住居形態などの基本情報に加え、雇用形態や月給、年収などの勤め先に関する情報、他社からの借入状況、そして借入希望額などがあります。

嘘の記述とは、例えば勤め先の欄に、本当は勤めていない大手の上場企業の名前を書いたり、アルバイトなのに正社員と書いたり、他社からの借り入れがあるのに隠しているなどがあります。細かいことはバレないだろうとついた嘘でも、金融機関は専門の情報機関を通じ、個人の信用情報を細かく調べることができるのです。そのため、すぐに事実と矛盾していることが業者には分かってしまいます。

そうなった場合、申請者は業者から、嘘つきで信用できない、という印象をもたれてしまい、審査に通る可能性はとても低くなってしまうため、十分に注意が必要です。変によく見せようとせず、正直に本当の情報を記入しましょう。

カードローンには銀行系や消費者金融系など様々な経営母体のものがありますが、すぐにお金を借りたい、という人は比較的審査の早い消費者金融系のカードローン、借入希望額が大きく、返済に時間がかかるため低金利で借りたい、という場合は低金利で、総量規制の影響をうけない銀行系のカードローンを選ぶなど、自分の利用目的にあわせてより適したものを利用することがポイントです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ