> > > 夫婦は関係ない?カードローンの申し込みについて

夫婦は関係ない?カードローンの申し込みについて

パートタイムで働いている主婦です。カードローンの利用を考えているのですが、主人もカードローンを利用しています。主人の返済もあり、私の稼ぎは生活費にあてているので小遣いらしい小遣いはありません。それでも普段の生活では困ることがないのでいいのですが、今度友達とランチとショッピングに行くことになりました。

友達と出かけるためのお小遣いがなく家計も厳しい状況なのでカードローンで借り入れることにしたのですが、主人がすでにカードローンで借り入れしている場合は私はカードローンを利用することはできないのでしょうか?

夫婦は関係ない?カードローンの申し込みについて

パートタイムで働かれているならばカードローンの利用は可能ですよ。専業主婦の方の場合、収入がないので返済能力がないと判断されます。しかし、ご主人の収入証明を提出することでご主人に返済能力があるということで借り入れが可能になります。ただし、ご婦人がすでに他社で借り入れを行っている場合は、それも考慮に入れた上での審査結果となりあす。

しかし、パートで働かれている場合は、個人としての返済能力があると判断されますので問題なく借り入れできますよ。基本的には夫婦は別々という考え方になるので、夫婦だからと言って借金の連帯責任はありあせん。逆に言えば、仮にご主人が借金を返済できなくなって自己破産をしても、配偶者も自己破産する必要はないということです。ただし、専業主婦の場合はご主人の収入によるので、ご主人の収入証明で借り入れをされる場合は、返済についてもご主人が責任を問われます。

【参考ページはこちら】
パートでも借り入れできる審査の甘いカードローンはある?

カードローン申し込みに夫婦関係ない?かどうか

カードローン申し込みの際夫婦関係ない?かどうかを気にされる方がいるようです。ほとんどの場合は夫婦どちらかが借り入れがが多めにあるので新規のカードローンがくめなかったらどうしようか?ということみたいです。結論から言えばカードローンで保証人が必要なければ夫婦といえども個別の審査であり、個別の借り入れとなります。

専業主婦のように収入が少ないか無い場合のローンは旦那さんが保証人として入ることもありますが、一般的にカードローンの場合は個別審査となります。そのため、家計全体での収入ではなく、個人の収入となるので家計全体ではもう少し借入可能額が多いはずなのに審査で通ったは借入可能額は少なくてびっくりしたという方も少なくないようです。

審査が個人を対象としているためですが、夫婦のうち、一人分の借り入れが多い場合は他の方が借り入れする場合は審査の対象となりません。そのため、2人で一緒のカードローンを契約することも可能ですし、その場合でも借入可能額は個別の収入と借り入れ状況によって変わります。

夫婦でのカードローンを申請する場合に個別に審査が行われますが、それぞれのカードローンの審査においては一般的に住宅ローンや車のローンは除外されます。そのため、保証人として入っている場合でも問題が無いことが多いようです。カードローンは個人のローンですので、申込む際は夫婦であっても別々に審査が行われますし、他の方と同様、収入と借り入れのバランスが問題なければ審査は通ります。(こちらもご参考に→カードローン審査に通過するためのポイントとは

また、借入状況についても夫婦でも別な個人として扱われていますので、消費者金融向けの法的制限にも自分の借り入れのみで審査が行われます。夫婦でカードローンを申込む際に気をつけたいのは物を買うためのローンではない、現金を借りるローンの保証人担っている場合は申告が必要になることが多く、法的な制限にも適用されることがありますので気を付けておきたいポイントです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ