> > > カードローンの申し込み記録がずっと残るって本当ですか

カードローンの申し込み記録がずっと残るって本当ですか

カードローンに申込みをしたのですが、5社に対して一気に申込みをしてしまいました。申込みをしてから、複数社への申込みはタブーだということを知り、案の定、全て審査に落ちました。必要だったお金はどうにかなったのですが、カードローンの申し込み記録がずっと残るのであれば、今後、必要だったとしてもこのときの過ちで審査に受かることがないことになっていまいます。カードローンの申し込み記録がずっと残るって本当ですか?

カードローン申し込み記録は6ヶ月間残る!

カードローンの申し込み記録が残るのは本当です。なので、ご質問者様のように一気に5社なんて申込みをしてしまうと審査に不利な記録が残ってしまったことになります。

なぜ申し込み記録が審査に不利になってしまうかというと、審査では個人信用情報を確認します。その個人信用情報には申し込み記録が残っているので、これを見ると一発で申込者がどれだけのカードローンに申込んでいるのかがわかるわけですね。このときに複数の申し込み記録が残っているとどうでしょうか。多額のお金が必要であり、他のところと契約を結ぶ可能性がある。そう考えますよね。すると、多額の借金に複数社での契約となれば、返済が滞ってしまう可能性がまず考えられます。返済できなくなってしまっては困りますので、審査では落ちてしまうのです。

さて、この個人信用情報の申し込み記録ですが、ずっと消えないわけではありません。確かに記録は残りますが、それも6ヶ月の間だけです。つまり、6ヶ月経てば、その記録は消えますので、審査に影響がなくなります。ご質問者様のように複数のカードローンに申し込みをしてしまった場合は、6ヶ月経ってから申し込みをすると良いでしょう。

また、個人信用情報は自分でも開示できますので、本当に消えたかどうか不安な場合は6ヶ月経った頃に開示をしてみて、自分で確認してから申し込みをしてみると安心できますね。

複数の申し込みは最高でも2社までが許容範囲です。それ以上は審査に落ちるリスクになりかねますので、これからは注意が必要ですね。今回、必要だったお金はどうにかなったようなので良かったです。今後、もしカードローンが必要になったときは、このときのことを思い出して、無理のない申し込みの仕方をするようにしましょう。

審査で重要な項目であるカードローン申し込み記録とは

カードローン申し込み記録は、審査の合否を左右する重要な条件となります。これは一定期間のうちに、複数の会社に融資の申し込みを行うことで、申込者の信用度が低くなる可能性があるためです。その結果、カードローン申し込み記録が影響して、融資を受けるのが困難になってしまうことがあります。これは申し込み方法が異なっていても同様で、インターネット経由の申し込みであっても、電話での申し込みでも、この記録は保存されているのです。

短期間で複数社に申し込みを行うと、どのサービスからも融資を受けられなかったという事実が明らかになります。これは申込者の返済能力の低さを露呈することになり、カードローンの申し込みでは業者から敬遠される要素となるのです。そのため、カードローンの申し込みでは、闇雲に申し込みを行う事は控えなければなりません。

カードローンの申し込みの記録は、数ヵ月間信用情報機関に残ります。そのため、一社で融資を断られて、新たに他社で申し込みをすると、この情報が登録されている期間は照会されてしまい、融資を断られた事実が判明してしまうのです。そのため、カードローンのサービスの利用を希望する方の場合は、このような事情を理解しておかなければ、審査に通過する事が困難になることもあるのです。

この申込みの問題が審査に影響を及ぼすおおよその期間は、三ヶ月程度で、件数としては四社程度の申し込みをしたケースとなります。そのため、予めこのおおよその期間と件数を把握しておき、このポイントを踏まえての申し込みが重要になるのです。

信用情報機関に登録された申込みの情報は、長くても三カ月程度で消えるので、複数回の申込みを行い、審査に通過出来る可能性が低くなっていると判断出来るようなケースでは、一定期間は申し込みを控える事が重要です。事前にこのような対策を練っておけば、新たなカードローンの申し込みの際に、上手く役立てることができます。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方をチェック!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ