> > > カードローンに通るための審査基準を教えてください

カードローンに通るための審査基準を教えてください

旅行に行くために友人から勧められたカードローンを利用します。利用するためには審査が必要だと知ったのですが、審査ではどういう基準で判断されるのでしょうか。これまでにカードローンはもちろん、クレジットカードのキャッシングも利用したことがないので、詳しくありません。カードローンに通るための審査基準を教えてください!

カードローン審査基準は一般的なものとと独自のものがある

旅行のためにお金は必要ですよね。現金を用意するのもいいですが、そんなときは一時的にカードローンを上手く利用するのもいいでしょう。カードローンのカードを1枚持っていると何かあったときに焦らなくて済みますね。

さて、カードローンを利用するためには審査に通る必要があります。審査では一般的な審査基準とカードローンそれぞれの審査基準があります。後者の審査基準はカードローンによって様々で公開されていません。なので、まずは一般的に言われている審査基準を確実にクリアするようにしましょう。

審査基準1.利用対象年齢をクリアし安定した収入があること。

これはどのカードローンで借入対象者という項目に書かれていることです。これをクリアしないと話にならないので、まずはこれらに該当しているかどうかを確認しておく必要があります。ちなみに、安定した収入はカードローンによって多少の違いはありますが、アルバイトやパートでも安定した収入があれば借りられるところは多くなっています。

審査基準2.延滞しているものがないこと。

キャッシングを利用したことないということなので大丈夫とは思いますが、キャッシング以外にもクレジットカードの支払いの遅れや端末代を含む携帯料金の支払い遅れも延滞に入るので、過去にそういった履歴がないかチェックが必要です。

審査基準3.勤務歴は半年以上あること。

カードローンの審査では勤務歴もチェックされます。極端に短いと収入が安定していない、辞める可能性が否定しきれないなどの理由から審査に影響が出てしまいます。できれば半年以上。長く勤務していればいるほど安心です。

以上のような基本的な審査基準はまずクリアしてますでしょうか。これらは基本的なところなので、ここで引っかかっていると先には進むことはできません。特に勤務歴は見落としがちなので、大丈夫かどうか確認することが必要です。

カードローンが通りやすい審査基準とは一体?

カードローンは一定の審査基準が存在します。会社によっては厳しかったり緩かったりと差はあるものの、その基準は似たり寄ったりのところが多いです。誰でもカードローンの審査に通るわけではありません。それでは審査が通りやすい条件とは一体どういうものなのでしょうか?

一つ目のポイントしては借入金が少ないことです。2010年6月から総量規制がされるようになりました。収入が多い人でも少ない人でも、年収の3分の1までしか貸金業者はお金を貸してはならないと法律で定められました。買い入れ菌が少ない人を審査で落として他の会社に持っていかれるよりも、条件は厳しいけれども貸付の枠を押さえておいた方が他社には取られないと言うわけです。限られた貸付枠をローン会社がしのぎを削っているわけです。

次に大事なのが属性です。属性は審査の重要事項となっていることは間違いありません。属性とはお金を借りる人の与信を判断する上で重要なもので、年収や家族構成から返済能力を審査します。また、勤務先の会社規模や勤続年数から借入金お清算能力を審査するわけです。これらの属性の中でも重要なのが勤続年数です。勤続年数が長ければ長いほど会社をすぐに退職する可能性は低く、安定して借入金を返済できると判断されます。仮に退職したとしても勤続年数が長いほど退職金の金額は大きくなるので借入金の清算能力は高いと判断されるわけです。

そのほかの審査基準としては、ある程度年齢が若い人は返済できる年数が長くなるので審査に通る可能性が高くなります。給料が安定していて退職金が多い公務員は審査が甘いです。持ち家がある人も財産があると判断され審査に通りやすくなります。固定電話や携帯電話を所有していることも安定した生活を送っていると言うことで高い評価となります。
まとめると、安定した職業でしかも給料が高く、退職金がたくさん見込める職業はカードローンに通りやすいと言う結論が得られるわけです。
(⇒カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

【参考ページはこちら】
審査に通りやすいカードローン会社の長所と短所を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ