> > > 時間短縮のためのカードローン同時申し込みのコツとは

時間短縮のためのカードローン同時申し込みのコツとは

まとまったお金が必要なのでこれからカードローンに申込みをします。けど、結構急ぎでお金がほしくて、審査結果を待って、また申込みをしてというタイムラグが惜しいです。最初に一気に申込みを行って審査結果を待ちたいのですが、時間短縮のためのカードローン同時申し込みのコツとは何かありますか?

カードローン同時申込みは最高でも2社まで!

カードローンの申込みって今はネットで簡単にできますが、それが審査の結果によって何回も続くとなると嫌になりますよね。同時に申し込んでおけば、どれかが審査に通ってれば万々歳じゃないかと考える気持ちはよくわかります。急ぎで借入がしたいときは尚更ですよね。そんな同時申込みを行おうとしている方にお伝えしたい同時申込みのコツは一点です。

『同時申込みは審査に影響がある可能性大!やるなら2社まで!』

です。確かに同時に申込んでおくと楽で時間的にメリットがありますが、実はデメリットも大きいんです。というのも、審査時に必ず見られる個人信用情報ですが、こちらに申込み記録も載ってしまうんです。あなたがいつどのカードローンに申込みをしたかが他社であってもわかるわけですね。

もし審査時に4つも5つもカードローンの申込みをしていることがわかったらどうでしょうか。それだけ多額のお金が必要なのかと考えるかもしれませんし、お金に余裕がないのではないかと考えるかもしれません。複数のカードローンと契約すると判断されれば、それだけ返済の余裕はないんじゃないかと考えられますよね。そうなると自分のところはやめておこうと思い審査に落とす可能性が高くなります。複数のカードローンで申込みをしている記録は非常に印象が悪いわけです。

ただ、複数のカードローンで契約している人は少なくはありません。なので、最高でも2社までが審査に影響が与えないギリギリのところではないかと考えられます。早く決めたいのに多く申込んでしまったがために、審査になかなか受からないとなっては本末転倒もいいとこです。数撃ちゃ当たるというわけではないので気をつけましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローン同時申し込みのコツで最も大事な事

カードローンは一度に複数の会社に申請する場合が多いです。その理由としては、審査に通るか不安だから複数の会社に一気に申請したというケースがほとんどです。これは悪意の無い行為であってもあまりお勧め出来ません。何故なら信用情報にカード申請の記録が残るので、他社にそういった情報が漏れる事になります。出来ればカード会社はよく選定して、ここなら自分でも審査に通るという会社を見つける事が大切です。どうしても同時申し込みをしたいのであれば、その時に使えるカードローン同時申し込みのコツがあります。

まず、カード会社への申請は出来れば一日で全て行ってしまうということです。これは一日で全て申請してしまうことによって、信用情報に書き込まれる前に審査を終えてもらえるという事になります。つまり他社にカードローン作成の為の審査経験の有無を知られないということになります。そういう事になれば、審査に通る可能性はアップします。勿論、経済的に安定している事が絶対条件にはなりますが、複数の応募による審査通過の確率アップにはなります。

遅くても二日以内に申請してしまう事が大切です。会社によって仕事の早さは違うので一概には言えませんが、三日経ってしまうと信用情報に書き込まれる可能性が一気にアップします。そういう綱渡りをしない為にも、出来れば一日で申請してしまいたいところです。

これは一度失敗してしまうと同時申し込みしていた記録が残ってしまう上に、半年間はカードを一切作る事が出来なくなります。そういう事態を引き起こさない為にも、同時申し込みをする際には細心の注意を払って申請したいろころです。多くの人が同時申込をしますが、そういった事を知っていなかったが為に半年間申請を我慢する事になっています。

本当に必要な時に作れないということになれば、思わぬ事態を引き起こしてしまう事にもなるので、自分の人生を豊かなものにする為にも、そういった事は慎重に行う事が大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ