> > > 銀行カードローンで800万円借りたいがムリだろうか

銀行カードローンで800万円借りたいがムリだろうか

病気にかかりお金が必要になった。さらに、引っ越しもしなくてはいけない。他にも消費者金融から借りたお金があるので、その返済もする必要がある。どうせ借りるなら消費者金融の返済も同じところにしたいと考えている。銀行カードローンで800万円借りたいがムリだろうか?

最高に近い金額は銀行といえども最初から借りるのは難しい!

病院代に引っ越し、借金と出費が非常に重なってしまったんですね。800万円とは結構な金額です。銀行カードローンなら消費者金融と違って、総量規制の対象外となるので、年収に関係なく借りられる可能性があると考えたのでしょうか。さて、実際に総量規制の対象外とはいえ、銀行カードローンで800万円借りられるかどうかですが、難しいと考えられます。

なぜなら、800万円というのは各銀行カードローンで最高額に近い金額だからです。銀行によっては500万円から1000万円と最高額に差がありますが、800万円はどう考えても最高金額だと考えてもおかしくはありません。最高金額ということは、借りられない金額ではないと考えるかもしれませんが、最高金額を最初から貸してくれるところはありません。

銀行でも消費者金融でも私達はカードローンに申込みを行うと審査にかかることになります。審査に通ると契約に進み、お金を借りられるようになりますが、その金額は審査で判断された信頼度と比例します。つまり、信頼度が高ければ高いだけ利用限度額も高くなるわけです。(こちらもご参考に→カードローンの利用限度額はどうやって決まるの?

ここでお聞きします。800万円という最高金額に近い金額の信頼度を最初から持っている人はいるのでしょうか。また、それだけの信頼を最初から判断するカードローンはあるのでしょうか。答えは「ない」です。もしかしたら、最初からそれだけのお金を借りられる人もいるかもしれませんが、通常ではありえません。カードローンでは最初は低めの金額を利用限度額とし、一年ごとに自動で審査を行い、徐々に利用限度額を上げていく方法を取られています。そのため、最初からそれだけの高額を利用できることはないと考えられます。

そうなるとご質問者様の利用したい金額は無理だということになってしまいます。消費者金融の借金がどれだけあるかわかりませんが、まずは病院代や引越代のみ借りましょう。そして、後に2つの借金をおまとめローンでまとめる方法を取るのが今は一番だと考えられます。おまとめローンの審査は厳しいですが、総量規制はかからないのでたとえ高額でも借りられる可能性があります。また、返済のみに特化したローンになるので、それ以上借金が膨らむこともありません。

800万円というのは計画的に返済をしていかないとなかなか終えることのできない金額です。収入によっては債務整理した方がいい金額でもあります。いつまで経っても終わらない返済は体はもちろん、精神的にも辛いものです。本当に800万円が必要なのか、返済ができるのか、しっかり考えてから利用しましょう。

銀行カードローンで800万円借りたい場合

カードローンでは数万円程度の小額の融資を利用している方もあれば、100万円以上などまとまった金額を必要としている場合もあります。そして、消費者金融のカードローンの場合は融資も迅速で利便性の優れたサービスとなっていますが、金利は高めに設定されていることも多く、大きな金額を利用するとなると、やはり利息の負担は気になってきます。

800万円借りたいなどかなりのまとまった金額を借りたい場合、まず消費者金融の場合は総量規制の対象となっていますので、最低2400万円の年収がないと借りることはできません。そして、融資限度額が多いところの場合も500万円程度ですので、消費者金融で800万円借りるということは現実的ではありません。

より多くの金額を借り入れたいという場合は銀行カードローンにも注目してみると良いでしょう。銀行の場合は消費者金融とは違い、総量規制の対象外となっていますので、ある程度まとまった金額も用意できることが多くなっています。さらに金利も消費者金融よりも低金利ですので、返済もより楽に行うことができます。

そして、800万円借りたいという場合は、800万円以上の融資に対応しているかも確認しておきましょう。銀行カードローンも銀行によって融資限度額が違い、500万円程度のところもありますので、融資限度額が800万円、1000万円までなど多く用意されているところを選びましょう。
(⇒カードローンの上限に関するオススメ記事はこちら

銀行のカードローンを利用する場合は、無担保、無保証で申し込みを行うことができますが、やはり審査は必要です。希望の金額が借りられるかは、申し込み手続きを行い、業者の判断を待つこととなります。本人を確認できる書類のほか、800万円などまとまった金額を借りる場合は収入を証明できる書類が必要ですので、源泉徴収票や給与明細などのコピーを用意しておくこととなります。そして、審査が行われ、どのぐらいの金額が融資可能かを知ることができます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ