> > > カードローンは現金融資しかできないのですか

カードローンは現金融資しかできないのですか

カードローンを契約しようと考えているのですけど、カードローンは現金融資しかできないのですか?公共料金の引き落としが難しい時など、いちいち現金で融資を受けて、その現金を口座に預金するのは面倒です。口座の方へ直接お振込みをして頂けると助かるのですが…。

一部の消費者金融は、お振込みによるご融資にも対応しています

一部の消費者金融は、お振込みによるご融資にも対応しています。例えばプロミスやアイフルなら、インターネット、またはお電話から、お振り込みのご予約が可能です。どちらも24時間365日受付しており、最短でなんと10秒!もちろん15時以降や、銀行が休業日の場合、お振込みがされるのは翌営業日となってしまいますが、それを差し引いても余りあるサービスです。

また、消費者金融だけでなく、地方銀行のサービスも近年著しい向上を遂げ、消費者金融はおろか、銀行に勝るとも劣らないものになっています。クレジットカードとキャッシュカードの統合は当たり前。中には公共料金の引き落としの際、残高が不足していると、自動的に不足分の融資を受けるサービスまで存在しています。地方銀行の口座をご利用なら、是非一度チェックしてみては如何でしょうか。サービスの質は、既に下手な消費者金融を上回っています。

以上のように、賃金業のサービスは益々便利で、使い勝手の良いものへと、日々進化を続けています。今回紹介したサービス以外にも便利なサービスが存在しますので、少しずつ使いこなしてみましょう!

カードローン現金融資の基本的なことについて

近年、多く見かけるようになったカードローンですが、本来どのようなことなのでしょうか。カードローンとは、ATMや現金自動支払機(CD)からカードで現金を引き出して、融資を受けることが出来るローンのことです。利用限度額以内なら、ATMを利用して自由に何度でもお金の借入や返済が出来るようになっていて、個人向けの少額融資となっています。

通常は、不動産などの担保や保証人などが必用になってきますが、多く見かけるようになったタイプのものではどちらも必要ありません。そのため、面倒な手続きも少なく審査も早いので、カードローン現金融資を早く受けることが出来ます。

また、利用目的は基本的に自由になっているので、自動車や教育、住宅、趣味など自分の使いたいことに利用することが出来ます。借入や返済が繰り返し可能なので、利用限度額の範囲内でATMなどから自由に借入が可能な上、契約された利用限度額の範囲内なら、全額返済がなくても繰り返し借入が出来るようになっています。限度額などは、申込みのときの年収や利用実績などによって異なります。

そして、多くのカードローン会社は融資が早いことです。審査の時間も早くなっているので、条件次第では当日の融資も可能になっているところが多くなっています。

また、会社によっても変わってきますが、多くの場合利息は日割り計算になっているので、融資を受けたその日からの返済も可能です。早く返済することで、無駄な利息を削減できるのでよりお得に借りることが出来ます。

他にも、カードローン会社のATMだと手数料などが無料になったり、手数料などはかかりますが銀行やコンビニなどの提携しているATM、インターネットを利用して指定した口座に振り込むことも可能です。場所や、時間などを気にすることなく必要なときに、借入や返済などが出来るので利便性が高いです。申込も近年は、インターネットから申し込んで来店なども必要なく、完了させることが出来ます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ