> > > ネットでカードローンを申し込むと会社に確認されないって本当?

ネットでカードローンを申し込むと会社に確認されないって本当?

おはようございます。とある音楽制作会社で、コンポーザーをやってます、タカユキと言います。45歳です。結構年齢行ってると思いますが、気だけは若いつもりです。って言うか、最近の若い人には負けたくありません。幸い、この業界にいる身ではありますが、会社勤めで、社員としてやらせて貰っている為、まともな社会人として生活出来ているのはありがたいです。

ある日、ちょっとトラブルが起きてしまいました。私は、作曲の他に、イベントのブッキングなども担当しているのですが、とあるアーティストさんを怒らせてしまいました。とても個人的な理由の為に、会社のその損失を補填させる訳には行かず、このままでは、イベントに大きな穴が空いてしまいそうなのです。何とか、その方のマネージャーさん等とも話しをして、示談金を私が支払う形で手打ちになる事になりました。

しかし、こういう業界で、一応まともな社会人な生活を送らせて貰ってはいますが、残念ながら、普通の45歳の平均的な年収とはほど遠い金額しか貰っていないのは、何とも悲しい現実です。そして、その示談金を何とか用立てしなくてはならなくなりました。私の、多分、今の職に就いてから、一番のピンチだと思います。

と、言う訳でカードローンを申し込む事にしました。ですが、勿論、この事は会社に知られたくないので、全てネットだけで申し込みを済ますところを探そうと思っています。特に、会社に在籍しているかの確認をされるのだけは、本当に避けたいと思っています。ネット申し込みに特化したところであれば、やはり在籍確認は無いものなんでしょうか?どうか、教えてくださいませ。

ネット申し込みでも、在籍確認はあります

タカユキさん、音楽の業界人なんですね!何だか、凄い人から質問いただいて、いささか緊張しております。人生一番のピンチ、何とかこれを乗り切りましょう。そう、カードローンの力で。

在籍確認に関するご質問ですが、残念ながら、ネットで申し込みが全て出来る、と謳っているところでも、その人が働いている職場への在籍確認は、電話で行われます。ただ、そんなタカユキさんに朗報があります。実は、アコムだけは、その会社に勤めていると分かる、健康保険証や、最近2ヶ月の給料明細などを提出すると、在籍確認の電話が免除される、と言う報告を受けています。

ただ、在籍確認に関してですが、カードローンの会社名を名乗る事は原則としてあり得ません。個人名で、タカユキさんへの取次ぎを申し出てきますので、よっぽど、カードローン会社からの電話とは、会社の方に分かる事は無いと思います。
(⇒在籍確認がないカードローンもあるの?

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

ネットでカードローンを申し込むと会社に確認されるので注意

今では直接金融機関に足を運ばなくても、インターネット上から申請する事が可能になっています。また、審査をする前にシミュレーションを行える事もあり、これを利用する事によって申請前から審査通過率を知る事が出来ます。つまり、賭けに出なくても結果が分かる事になるので、申請を断られた実績を信用情報に記載される心配もありません。

そんな便利なインターネットから申し込みをする場合にはいくつかの注意点があります。まずネットでカードローンを申し込むと会社に確認の電話が入るという事です。これは実際に在籍しているのかどうかを確認する為の電話です。やはり実際に金融機関に足を運んで、カードローンを申請するよりもインターネット上で申請する方が信用度が低いです。相手の顔が見えなかったり、本人確認書類が偽物でないかどうかの判断が出来ないので、こういった部分で補う為に会社に在籍確認をする事になります。

個人名で電話がかかってきますが、必ずどの様な用件であったのか後から聞かれる事になります。その時に正直に答えてしまうと、借金をしようとしているのかと問い詰められたり非難される場合があります。例え有意義に正しく使用するとしても、世間一般の考えでは借金はしてはいけない事であるという認識であるので、これは避けた方がいいと言えます。事前に対策を考えておく事でこの様な事態を防ぐ事も可能となります。

会社によっては、インターネットからの申し込みであっても会社への在籍確認はしない場合もあります。これは実際に申請してみないとわからない事ですが、たまにホームページに会社への在籍確認が無い旨を示した文章が記載されている場合があります。この会社への在籍確認というのは誰もが気にする事であり、出来ればしてほしくないと考えるのが一般的です。その為に、在籍確認をしないカード会社を探す傾向にあります。そういった層の利用希望者を集める事で利益の拡大を計れます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ