> > > カードローン申込で行われる審査の内容を詳しく知りたいのですが

カードローン申込で行われる審査の内容を詳しく知りたいのですが

カードローンについて調べている者です。カードローンに限らずローンを申込んだ場合、金融機関では融資するかどうか必ず審査を行うことになりますが、残念ながら審査の内容は公開されていません。このため何が行われているのかは想像するしかないのですが、私にはローンを借りた経験が無いので、審査と言うものが良く分かりません。もっと言えば借りたことが有ったり現在借り入れ中と言う場合の人でも審査で何が行われているのか知っている人はいないでしょう。

しかし審査の内容が分かれば事前に気になる点を改善しておいたり、申込みを取りやめることも可能になります。また審査に落とされた人も何で自分が落とされたのかはっきりわからず困っている場合でもどんな審査かが分かれば原因が分かれば以後安心できることになります。したがってどうしても審査の内容と言うものを知りたいわけです。そこでお聞きしたいのですが、実際の審査の内容としてはどのような事が行われているのでしょうか。よろしくお願いいたします。

本人確認・返済能力・信用情報などがチェックされているはずです

確かに審査項目が事前に分かれば対処することが出来る人もいるかもしれませんが、それでは審査にならないのではと思いますがいかがでしょうか。ただし審査の主な項目についてはだいたい想像できますのでそれを説明しておきましょう。これに各金融機関で独自に様々な項目が追加されて審査が成り立っていると言うことになるので、ここに挙げた項目の対処だけでは審査に通る保証にはならないことは承知しておいてください。

まず最も基本的な審査項目は本人の確認です。申込者が本人でなければ話になりません。このため申込時には本人を確認するための書類を提出しますが、それには悪用や偽造が伴います。特にネット社会になった現在では画像にして提出したりしますから、これだけでは信用してくれません。そこで行われるのが在籍確認と言って勤務先に電話を入れて本当に在籍しているかどうかを確認する訳です。ここまでやって本人が申込んだものであると信じてもらえます。
(⇒在籍確認されないカードローンってあるの?

次が返済能力です。収入がある程度以上なければお金を貸しても返済してもらえる保証は有りません。特に消費者金融では50万円以上、銀行の多くでは100万円以上のお金を借りたい場合には、収入を証明する書類を提出しなければなりません。金融機関側は年収から、いくらまでなら返済出来るのかと言うことを判断して、返済できそうになければ審査は通さないか、融資の額を低くすることになります。このため申込む前には自分は返済していけるのかどうかを良く考えてみてください。

最後が信用情報のチェックです。これは過去に自己破産などの債務整理が行なわれていないか、各種ローンの返済が滞ってしまったことは無いか、また各種の支払いが滞ったことは無いかなどがチェックされます。また短期間に何度もカードローンを申込んでいないかなども調べられます。これ等の情報によってはどの金融機関からも融資が受けられないいわゆるブラックと言う状態になる事も有ります。特に各種支払いなどは関係ないと思っている人も多いので注意が必要です。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

カードローンの申し込みで重要性の高い審査内容とは

カードローンのサービスに申し込みをするときには、個人情報が審査の対象となるために、予めどのような個人情報の項目が重要性を持つのかを理解しておく事が大切です。この個人情報は、一般的な借入では金融機関が必ず確認する項目である為に、前もって把握しておく事が必要になります。

カードローンの審査において、申込者の個人情報は融資の可否を決める重要な要素です。特に、信用情報機関に登録されている情報は、融資を提供する金融機関が申込者のこれまでの借り入れ状況などを照会して、審査の評価を行います。この個人信用情報機関には幾つかの種類があり、カードローンのサービスを提供する会社は複数の信用情報機関に情報を照会することもあり、申込者の情報を参照するのです。

この個人信用情報機関では、基本的な個人情報だけではなく、融資の申し込み履歴、過去の借入の状況、金融事故の状況などがわかります。そのため、貸し出しを行う金融機関は、これまでの申込者の借入状況を調べ、申告内容に誤りが無いか、過去の金融機関からの借入で延滞などの記録はないか、過去の返済において金融事故などの情報はないかなど、様々な要素を調べ審査を行う事になります。この金融機関の利用履歴は五年から七年程度は保存されるので、カードローンの審査において過去の利用履歴は非常に重要なものとなるのです。(こちらもご参考に→カードローンの申込み記録はずっと残るってホント?

万が一、過去の借り入れで三カ月以上の支払いの延滞などの履歴が残っているような場合には、個人信用情報機関に延滞という情報が数年単位で残りますので、申し込みの際の査定で評価に影響を与える可能性もあります。しかし、このような履歴でも、申し込みの際には正確に申告し、査定を受ける事が大切なのです。カードローンのサービスを申し込む際には、個人信用情報が重要になるため、予めこの情報を確認したい方の場合には、情報機関に個人の情報の開示を求め、この履歴を確認しておく事も大切になるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ