> > > 事前審査でカードローン記載忘れがあるとどうなりますか?

事前審査でカードローン記載忘れがあるとどうなりますか?

どうしてもお金が必要になり昨日カードローンの申し込みをしました。申し込んでから気付いたのですが他社からの借入を一件書き忘れてしまいました。カードローン審査で記載を忘れるとどうなるのでしょうか。今から訂正しても間に合いますか。

故意に記載しなかったと思われるケースもあります

カードローンの申し込みお急ぎだったのでしょうか。他社からの借入に関する記載を忘れてしまったのは大きなミスですね。カードローン審査では通常年収、勤務先、勤続年数、他社からの借入や過去の借入状況を審査します。総量規制という法律があり借入金額は制限されているので年収はとても重要です。勤務先に関しても在籍確認できちんと安定した収入があるかどうかというのを確認します。(こちらもご参考に→在籍確認がないカードローンもある?

審査の中でも最も重要なのが他社からの借入や過去の借入状況に関する審査です。これらは申告された内容と信用会社に記録してある個人の信用情報を照らし合わせて問題がないかどうかチェックします。ここで申告された内容と信用情報の内容が異なれば虚偽の申告をしたと思われ審査では間違いなく不利になります。

おそらく質問者様のように記載するのを単純に忘れてしまっただけの人もいるでしょう。しかし、カードローン会社側では故意に記載しなかったと判断する場合も少なくありません。実際に他社から借入があることを知られたくなくてわざと記載しない人もいるからです。

しかし、それでは嘘をつく人、信用できない人ということになり審査に通るのは難しくなります。記載漏れに気づいたら間に合うかわかりませんがすぐにカードローン会社に電話してその旨を伝えましょう。他社からの借入や返済の遅れや債務整理などの金融情報は隠すことはできません。

もうひとつ気になったのがなぜその他の借金を忘れてしまっていたかという点です。失礼ですが質問者様が借りているのは他に一社だけですか。それとも複数の借入があるためその一社を書き忘れてしまったのでしょうか。いずれにしても自分の借金を把握していないということはとても危険です。カードローンは繰り返し借入しているうちに借金をしているという感覚が麻痺してしまうことがあります。

自分が今現在いくら借金があって、いくら返済しているのかということをきちんと把握していないといつまでたっても借金は減りません。毎月必ず自分の取引明細などをチェックするように心がけましょう。

事前審査ではカードローン記載忘れが利用可否の大きな分かれ目となることも

日常生活の中で思いがけない出費を余儀なくされた時、お金の不足分を補う臨時手段が必要となることがあります。そのような時に使い勝手がとても良いのが銀行や消費者金融のカードローンです。カードローンとは一枚の個人カードを発行することで、もしもお金の必要性に見舞われたならばそれを持って近場のATMを訪れるだけで簡単に融資金を引き出すことが出来るという便利な金融サービスのこと。特に最近ではコンビニとの提携によって24時間いつでも融資が受けられるものも増えており、ますます利便性が拡充されていると言えるでしょう。

このカードローンを活用するにあたっては事前審査が必要となります。金融機関側からカードローンにて融資を受けた分だけの返済能力があると認められた場合にのみ、利用が許可されるのです。その審査基準は各社によって様々ですが、カードローンの場合にはネットや電話、店舗窓口、それに自動契約機などで申し込みを行い、その際に申請フォームに記載した個人情報が主な審査対象となります。とりわけ氏名、年齢、職業、勤務先、勤続年数、年収などの項目は重要で、この中の職業や年収などから申請者の経済力を試算した上で融資限度額を設定することになります。

ただし、申請時にカードローン記載忘れをしてしまったばかりに審査がうまくいかなくなることもよくあります。こうした記載事項はひとつひとつが重要な要素を占めており、たったひとつ空白が出来てしまっただけでもその情報が欠落し、申請者の信用度が大きく減少してしまうことに繋がりかねません。特にカードローン審査においてはひとつひとつの項目をポイント制にて換算していってカードローン利用に相応しいポイントを有しているか否かで利用の可否が決定されることがよくあります。その意味でもたったひとつの記載忘れが大きな失敗を招きかねないのです。

また、記載忘れがありながら利用は許可されたとしても、それに伴う利用限度額の設定においては何らかの影響を受けていることは否めません。きちんと記載していればもっと高い限度額が得られたかもしれません。そんな後悔を無くすためにも、カードローン申請の際には必ず再度見直した上で提出することが求められます。

【参考ページはこちら】
カードローンの申込みに関するオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ