> > > 郵便局のカードローンは審査が厳しい?初めて作るので不安です

郵便局のカードローンは審査が厳しい?初めて作るので不安です

郵便局のカードローンって、審査が厳しいのでしょうか?初心者ですので、どうか詳しく教えていただけると助かります。

私は29歳になるまでカードローンを持った事が無く、また持つ事も必要無いと考えていました。しかし、親戚に高齢者が多い事もあって最近は葬儀ラッシュとも言える状態でして、参加する度に香典代も馬鹿になりません。かといって古い考え方の一族なのか葬儀をスルーしてしまうと後でうるさいですし、しばらくはまた葬儀が続くかもしれません。そして不運が重なった今、生活費まで圧迫されてしまってカードローンを作る事になったのです。

初めて作るカードローンとあれば、やっぱり難しいところは作りにくいものですか?郵便局のカードローンなら何となく安心できるのでここが良いのですが、きちんとしたところはやっぱり審査が厳しいと聞いていますので、私でも作れるか心配です。どうだと思いますか?

郵便局は厳しめですが仕事などに問題無いならわりと作れます

郵便局のカードローンは、正確にはスルガ銀行が運営していると言った方が良いね。郵便局は申し込みを受け付けているわけだけど、審査などはスルガ銀行がしていることになるわけで、銀行系のカードローンと言えばやはり簡単とは一言には言いにくいだろう。

消費者金融は多少金利こそ高いものの多くの人に融資を行うのだけど、銀行の審査ならばその逆と言ってもよい。低金利で融資をする代わりに確実に回収出来る人に貸すという方針だから、審査というのは当然厳しくなる。ましてやスルガ銀行と言ってもゆうちょ銀行が受け付けているという事で、下手な審査もできるわけじゃない。クチコミを見てみても、簡単という人はあまり見かけないだろう。

ただ、厳しいというのは『仕事が非正規雇用で年収が低い』だとか『昔融資などの返済に遅れてしまった』というような、どんな融資においても審査が厳しくなっているような人の事がほとんどだ。郵便局のカードローンが厳しいと言っても、仕事をきちんとしていて今までの融資利用に問題が無いというのに、それでも落としてしまうようでは本当に使っている人なんかほぼ見かけないだろう?厳しいという事はチェックを細かくしているという意味で、誰でも落とすというわけでも無いんだ。

キミの仕事内容、勤続年数、年収に問題が無くて、今までの融資もきちんと返済しているなら大金を希望しない限りは確実に作る事も可能だ。厳しいと思い込んで萎縮する事は避けたいね。

【参考ページはこちら】
郵便局で利用できるカードローンについて教えて!

郵便局カードローンの審査厳しい?それとも甘い?

ゆうちょ銀行は日本郵政グループが経営している銀行で、ほとんどの人が知っていると思います。誰もが知っているゆうちょ銀行でもカードローンを作ることができるのです。ゆうちょではカードローンをはじめとして、住宅ローン、教育、マイカー、旅行などさまざまなお借入が可能です。

郵便局カードローンは郵便局自体ではなく、スルガ銀行が運営を行っています。インターネットや電話で審査を受けることができ、電話での申込みであれば最短30分程で審査結果が出ます。即日審査が原則となっているため急いでいる場合でも安心です。主婦や女性であっても定期収入があれば借入することができます。(こちらもご参考に→専業主婦とカードローンの関係についてオススメ記事)定期収入というのはアルバイトやパートで毎月収入を得ている状態のことをいいます。

審査厳しい?甘い?という疑問は必ず浮き上がってくるものです。審査の基準はスルガ銀行のものになります。他社からの借入があると、収入があっても審査に通らない可能性があります。これまでの借入で度々遅延をしている場合も難しいといえますが、はじめての借入であればほとんど問題はないでしょう。銀行のカードローンであるため安心感があり審査を受ける方は多いのですが、数十件の申し込みの中で10%程度が審査に通るというような状況です。

とはいえ定職に就いていなかったり他社から多額の借入をしていなければさほど厳しくはありません。簡単に審査が通り、借入できてしまうようなカードローンは危険であるとも言えますので、多少審査が厳しい方が安心です。

プライバシー厳守のため申し込みの際には、希望連絡先を自宅、勤務先、携帯電話のいずれかから選択することができます。ご利用明細書を発行しないプランも用意されており、プライバシーが守られます。また毎月の定例返済に加え、余裕があるときはまとめて返済することも可能です。返済時のお借入残高が10万円以下の場合、毎月の最低返済額は3000円からとなっているので無理なく返済することができます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ