> > > カードローンにお試し審査ってありますか?

カードローンにお試し審査ってありますか?

カードローンを近々利用する予定です。初めての利用でわからないことがいっぱいです。自分が審査に通るかどうか不安です。お試し審査のようなものはないのでしょうか。それで審査に通る見込みがなかったらやめた方がいいのかなと思っています。

ありますよ。簡単借入診断のことだと思います

カードローンを初めてご利用とのことですがもう借入先は決まりましたか。カードローンには銀行系と消費者金融系がありますが大きな違いは金利です。銀行のカードローンは通常14%台です。ほとんどのカードローンは自宅からインターネットで申込むことができます。

ホームページには多くの場合、簡単借入診断とか仮審査というのがあります。これはホームページから気軽にできるもので必要事項を入力するだけで借入が可能かどうか判断してくれます。入力内容としてはカードローン会社によって異なりますが、年収、生年月日、勤続年数、他社からの借入金額です。これらを入力すると機械的に簡易審査が行われ、ほんの数秒で借入診断をしてくれます。

ここで借入可能ですと出た場合、そのまま申込フォームに進み、必要事項を入力して送信すれば申し込みが完了します。ただし、借入診断で借入可能と出たからと言って必ずしも本審査に通るとは限らないので注意してください。

一般的にカードローンの審査では年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴や他社からの借入をチェックします。現在は総量規制という法律があり、年収の1/3以上は借入できません。銀行のカードローンは総量規制の対象外ですがそれでも年収に見合った貸付しかしてくれません。

勤務先に関しては在籍確認を行います。カードローン会社が勤務先に電話して、本当に勤務しているかどうか確認するのです。そして、審査の中でも最も重要なのが過去の借入歴です。これは申告された内容を信用情報と照らし合わせてチェックします。信用情報とは過去に返済が遅れたり、債務整理や自己破産歴がないかというのを調べるのです。借金トラブルのある人はまた同じことをする可能性が高いので返済見込みが低いと判断されます。

簡単借入診断では主に他社からの借金がないかどうかを調べているようです。しかし、借入診断では信用情報を確認するわけではないので、信用情報に問題がある人は本審査で否決になるというわけです。質問者様の場合は初めてのカードローンなのでおろらく大丈夫だと思います。念のため申込先の借入診断を利用し、借入できる可能性があると診断されたら申し込めばいいと思います。

ちなみに簡単審査は信用情報に記録されませんが、実際に申込をするとその事実は否決でも可決でも信用情報に記録されてしまいます。ですので、むやみやたらに申込をすると申込ブラックと呼ばれる状態になって経済的に苦しい人だと思われてしまいます。ですので、まずは借入先をしぼって借入診断を活用しましょう。

カードローンのお試し審査を受けるのは簡単です

最近は、街中でも消費者金融が数多くあり、銀行でもカードローンの受付をしています。何だか、気軽に誰でも借りられる雰囲気があります。お金が、時には必要になることは誰でもあることです。そんな場合に備えて、普段から一つお金の借り入れ先があると生活の中でも安心感ができます。

銀行などの、カードローンの場合必ず審査があります。本当に、お金が要るときに審査に手間取りそのあげく審査が通らないこともあります。そうして事態に、ならないために普段何もないときに銀行などの審査を受けることができます。最近は、審査時間も短縮されて早い場合はその場でわかります。自分の今の状態なら、借入額の限度はいくらになるのかもわかります。お試し審査を、受けても必要がないならお金をその時に借りることはしなくても大丈夫です。

また、借り入れ先の銀行や消費者金融などでは利率が異なることも多くあります。そのために、一社だけでなく複数でお試し審査を受けることで比較ができます。そして、気になるのがその審査内容ですが、自分の職業、年齢、年収、そして他での借り入れ額とここでの希望する借りたい額です。

そして、借入額の返済方法を提示されます。ここで、お金を借りることがなくても、金額に対しての返済計画がわかるので自分で判断をしやすくなります。これにより、普段の生活に支障がなく返済ができることがわかります。

カードローンは、誰もが勘違いしやすいのが自分のお金ではなく、借金だということです。多重債務を、避けるためにも借り入れる場合は最低限のお金にします。お試し審査でも、借入額は少なくするとイメージがわきます。

そして、急な出費で借りた場合は、必ず返済が終了してから次の借り入れをします。簡単に、手軽に利用できる分、自分で規制を設けておくと失敗がありません。もしもの時に、一枚カードローンができるものを持っておくことは大切です。上手に活用ができるようにすることです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ