> > > カードローンに再申し込みする時のアドバイスを下さい

カードローンに再申し込みする時のアドバイスを下さい

勤務先の系列ローン会社でカードローンに申し込みたいです。勤務先の系列ローン会社なので金利が良いんですよ!だけど借入希望金額が300万円で申し込みをすると否決となりました。

原因を考えてみたのですが、一緒に住んでいる主人が信販会社の信用情報機関の情報でブラックになっていました。これが原因かと思えます。あと半年もしたら完済日から5年経つので情報が消えると思います。その時に、もう一度申し込みをするとカードローンの再申し込みでも審査に通りますか?カードローンに再申し込みする時のアドバイスを下さい。

配偶者の信用情報で審査に通らないことは考えられない

借り入れ金額300万円の申し込みで否決となった理由に配偶者のブラック情報を挙げられていますが、通常では考えにくい原因ですね。例えば同居している配偶者が自己破産している場合でも、自己破産した配偶者が保証人にならない限りは旦那さんの住宅ローンは通ります。つまり、配偶者の信用情報を審査に通らない原因とするには、配偶者を保証人としていることが必要です。

もし、保証人としていたのなら配偶者のブラック情報が否決になった原因と考えられます。しかし、カードローンは一般的には保証人なしで借り入れしますよね。そうなると保証人はいないケースが一般的となります。もし、配偶者が保証人になっていないのなら配偶者のブラック情報は審査には関係していません。

ところで300万円の借入れをしようと思ったら1000万円近くの年収が必要となります。貸金業者には総量規制があるので年収の1/3を超える金額を貸すことはできませんね。その辺はいかがでしょうか?そういった基本条件を見直して審査に落ちた原因を考え直してみると良いでしょう。意外と申込用紙の記入漏れなども否決の原因に挙げられていますよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローンの再申し込みをする時に注意する点とは

1度カードローンの審査に落ちた場合に再申し込みする時は注意すべき点があります。この注意すべき点を知らずに再申し込みしてもまた同じ理由で審査に落ちる可能性が高いです。

まず、審査に落ちる1番多い理由について知る必要があります。消費者金融でカードローンを申し込む時には総量規制という法律が適用されます。この総量規制とは借り入れる本人の年収3分の1を超えた額を借り入れできない法律です。総量規制は消費者金融で借り入れているお金の総額に適用されるので、既に総量規制ギリギリまで借り入れがある状態で申し込みをしても審査は落ちてしまいます。

総量規制に引っ掛かって審査に落ちてしまった場合は、とりあえず既にある借り入れ額を減らす必要があります。審査に落ちたからと言って直ぐに再申し込みするのではなく、ある程度返済することで審査に通過しやすくなります。

次に、消費者金融でカードローンを申し込むと指定信用情報機関に情報が登録されることを理解します。指定信用情報機関に登録されている情報は金融機関の間で参照できます。これにより他社で落ちた後に直ぐ別の金融機関で再申し込みしてもどのような内容で審査に落ちたのかが分かります。登録されている情報を参照されて同じ理由で審査に落ちる可能性が高いので注意が必要です。

指定信用情報機関に登録された情報は数ヶ月残ります。したがって数ヶ月の間は金融機関の間で情報が共有されるので、再申し込みをする時は数ヶ月期間を空けてからします。数ヶ月期間を空けている間に総量規制の問題や、自身の勤続年数や年収の問題を改善することをおすすめします。

カードローンの申し込みをする時は1月に多くても2社までの申し込みに抑えて、同日申し込みは避けるようにします。審査落ちしてから短期間で何社も再度申し込みをしていると審査担当者にあまり良い印象を与えないので注意が必要です。以上のポイントを押さえておけば再度申し込みをしても審査に通ることが可能です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ