> > > カードローンに落選したら申し込みできない?

カードローンに落選したら申し込みできない?

30歳男、既婚、子供2人、賃貸アパート居住年数4年、固定電話なし、携帯電話あり、会社員、年収350万円、勤続3年という状況です。今回、カードローンに申し込みをしたら落選の結果が届きました。そこで、どこかに記入漏れか誤字・脱字があったからダメだったのかと思って、今度は申込書を丁寧に読み返してすぐにもう一度申し込みをしました。しかし、やはり結果は同じ落選となりました。

一度カードローンに落選したら、もう一度申し込みはできないものなんですか?勤続年数や年収を見てもアルバイトでも借りれるというコトなので、そこまで悪い条件ではないと思っていたので、今回の結果に愕然としています。審査に落選したのはなぜなんですか?年収340万円はやはり一般的に見て低いのでしょうか?

落選してすぐの申し込みは審査に通りにくい

居住年数や勤続年数、会社員で給料も安定しているという点で見ると審査に落ちる要因となるものは見当たりません。どれも悪くないですね。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業ってある?

他に考えられる要因としては、過去の借入れ履歴や他社借り入れ状況となるのですが、過去に延滞や任意整理などの事故歴はありませんか?現在他社から借り入れをしていて限度額まで借りているなどはありませんか?

これも該当しないとなると、在籍確認はきちんと取れたのかということも考えられます。会社員とありますが、例えば会社に誰もいない時間帯があるとか、飲食店で繁盛している時間帯では誰も電話に出ることができない状況があるなどはありませんか?こういった場合は事前にカードローン会社に相談しておく必要があります。

あとは落選してすぐに申し込みをしたことに原因があります。落選したことが分かってからすぐに再申し込みをするとお金に困っている印象を与えてしまいます。そのためお金を借りにくい状況になってしまいます。落選した後は最低でも6ヶ月は期間を置いてから再申し込みをした方が審査には通りやすくなりますよ。
(⇒カードローン審査に落ちたら再申込みはできない?

【参考ページはこちら】
カードローンの審査に通過するためにはどうすればいい?

カードローンの申し込みに落選したらどうする?

カードローンは、今お金が必要だけれども、預金がない場合に申し込むという方が多いと思います。必要だから申し込みをしたわけですが、必ず借り入れが可能になるわけではありません。審査があるため、当然落選となる場合もあるのです。ではその場合、どうすれば良いのでしょうか。お金が必要となる理由を諦めるべきなのでしょうか。

諦めるかどうかよりもまず、なぜ自分は落選だったのかときちんと理解します。ここでダメだったので別の業者のカードローンに申し込みをすれば良いという判断は危険です。何故ならば、その時落選した理由と同じ理由で、他社からも断られる可能性が高いのです。落選のよくある理由としては、他社からの借り入れをしている、その金額が多いことや、申込書の記載に不備や虚偽があったこと、一定の安定収入に問題があることなどがあります。

この内他社からの借り入れや、収入の問題に関しては、普段の生活態度そのものを改める必要があります。無駄な出費をしていないか、保険などは安くできないかといったことですね。それらを改善することでそもそもカードローンが不要になる可能性もあります。申込書の記載に不備や虚偽に関しては、簡単に直せることですので、書類などの返却をしてもらえる場合はしてもらい、確認しましょう。他人に見られることに抵抗がない場合は、家族や友人にも確認してもらうことで、間違いを発見できます。

それらを直した上で、再度カードローンの申し込みをしてみましょう。同じ業者に何度も申し込む事は悪いイメージにもなりますので、別の業者に申し込むと良いでしょう。別の業者であれば審査基準も異なるので、合否も変わってくるのです。また、改善点がすぐに解ったとしても、申し込みをすぐ行うのは控えたほうが良いです。落選という結果は、信用情報機関に記録がされています。特に銀行系のカードローンは、審査時に確認するので申し込みから近い日に落ちている場合、落とされる可能性が高いのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ