> > > 複数申込可とカードローン業者が言っているところもある?

複数申込可とカードローン業者が言っているところもある?

カードローン業者はたくさんあって、審査の甘いところなんかも多いというのは分かるんです。しかしだからといって複数申込可なんて自分たちで言う業者なんていないですよね?普通複数申込可なんて言うと、多重債務の人が喜んできてしまうから、結構業者的にもマイナスな気がするんです。

実際、カードローン業者の中で複数申込可と言っているようなところはありますか?やっぱりそういうところは多重債務の人が多くなったりするんでしょうか。

複数申込可と表立って言っている業者はないがウワサはある

表面的に表立って複数申込可です、というように言っているところはほとんど無いと思います。複数申込可と言ってしまうと、やはり他のところからやってくる人が多く、しかも多重申し込みで同しようもないというような人も多くやってきてしまうからです。だからできるだけそういうことは言わないようにしている業者が多いですが、書いているところもなくはないです。

書いているところは他の業者での借り入れがあっても申込可、というように書いています。申し込み可ですから、申し込みをして必ずしもお金が借りられるというわけではない、という点も気をつけておいてください。場合によっては審査に通らなかったということにもなるような書き方がされているというわけです。

他の業者での借り入れがあっても申し込みができる、借り入れができる、審査が通るというような業者はウワサレベルで口コミサイトなどには書かれていたりします。ウワサレベルですから実際に試してみないとわかりませんが、いくつかの名前が上がっていて、意外に信憑性の高いものも多いので、借りられないというような可能性がゼロということはないかと思います。

口コミサイトなどに書かれているうわさをできるだけ信用するのではなく、とりあえずやってみて試してみる用にするといいかもしれません。他社借入が多い人はとりあえず書いている業者からまずはチャレンジしてみると他社借入があっても複数申込可の業者に当たる可能性は高くなるんじゃないでしょうか。

複数申込可なカードローンで審査に落ちたときのリスクを軽減

消費者金融や銀行にお金を借りるには借り方に関わらず審査を受ける必要がありますが、複数申込可なカードローンを利用することで審査に通る確立をあげることができます。とくに銀行の場合いえることですが、通常審査に時間がかかるため、カードローンの審査に落ちたときの時間的ロスは大変なものになります。審査に落ちた場合はまた最初から同じような申請、手続きを経由してある程度の期間を待たなくてはなりませんが、複数のカードローンに申込みを行うことで回避できる可能性があがります。

だからといって毎回複数申込みをすればいいのかと言うとそういうわけでもありません。複数社に対して申込みを行うことで発生するデメリットもあるため、これらを理解しておくことが重要です。まず、複数に申し込むことで融資を受ける可能性を少しでもあげたい場合に主に利用される複数申込みですが、場合によっては逆効果になることがあります。カードローンでは申込みを行った個人の情報が信用情報機関という場所に履歴として残ります。

つまり、他の会社でカードローンに申し込んだ人はこの信用情報機関をみることで簡単に照会することが可能になります。消費者金融や銀行は他の会社を利用したことがあるといってマイナス評価に繋がるということはありませんが、同時に複数社に対して申し込んだ場合はマイナス評価に繋がる場合も考えられます。なぜなら、切羽詰まっているように思われるからです。当たり前ですが、お金を借りた人はお金が出来たらお金を返すものですし、できなければ返すことができません。

切羽詰まった客の場合金銭的にトラブルが起こっている可能性が通常と比べると大きいため、疑いの目で見られてしまいます。さらに最近では総量規制という法令できて、消費者金融の場合だと前年度の3/1以上の年収を借り入れすることができなくなりました。3/1以上融資してしまった場合には法令違反となってしまいますので、他のローン会社で借りている人に対しては消費者金融の場合だとマイナス評価につながります。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社、どうやって探せばいい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ