> > > カードローンに申し込みした履歴が審査に響くってどういうこと?

カードローンに申し込みした履歴が審査に響くってどういうこと?

人から聞いた話なんですけど、カードローンを借りてなくても、申し込みしたことがあったらその履歴が別のカードローンの申し込みをしたときの審査に響くというんですが、それってどういうことですかね?A社で申し込みして、審査に通ったけど借りなかったら、次に申し込んだB社では審査に通りやすくなるんですか?

審査に通ったのに借りなかった理由はなんなのか

あちこちの業者でカードローンの申し込みをして、一つも借り入れしなかったらむしろイメージ悪くないですか?借りる気ないのにあちこち審査受けて、どっかのサクラなんじゃないかとか、いろんなところの審査受けて、一番条件がいいところに申し込む気なんじゃないかとか、なんかいろいろ詮索されそうですよね。そういう意味では、審査したけど借りなかった、通っているのに借りないですぐ別の業者に審査依頼している、っていうのはあんまりいいお客様には見られませんよ。

もちろん、ある業者にカードローンを申し込んだけど審査が通らなくて、どうしても借りたいので別の業者にまた申し込みをして・・・というのも当然ながらいいイメージにはなりません。個人の信用情報には、どこへ申し込みをして契約が成立したかどうかが全部履歴として残りますから、他社の審査に通らずすぐ次を申し込みしてくるような人に、自分のところで貸したいと思わないですよね。

こういう申し込み履歴は、申し込みをしてから半年は情報として残ります。どうしても借りたいけどいくつか申し込んで審査が通らなかった場合、半年ほど待って申し込み履歴が消えてから、再度チャレンジするといいようです。

当然ですが、興味本位でちょっと審査受けてみよう・・・なんてネットで審査してもらったりしない方がいいですよ。本当に借りる必要ができたとき、いたずら心があだになる可能性もあります。相手は仕事として受けているのですから、そこも頭に入れておいてくださいね。

【参考ページはこちら】
カードローンに複数申込むと審査に通りにくくなる?

カードローンの申し込み履歴はどれほどの期間残るのか

カードローンの申し込みは一度してしまうとしばらくすることは出来ません。何度も申し込めるシステムであれば、いたずらや嘘の情報を記載して審査に通ろうとする悪質な利用者が出てくる事になります。そのような事態にならないようにするためにも再び申込む際には制限をかけています。

この制限の機関としては半年間が一般的です。半年間で信用情報における申し込み履歴は消える事になるので、もう一度申し込む事が可能になります。しかし2ヶ月で再申し込みが出来る会社も存在します。つまりこれは会社によって基準は様々であるので一概に判断する事は出来ません。

しかし、半年間あれば確実に信用情報は削除されるので半年間待つ方が無難です。もし、その期間を守らずに再申し込みしてしまえば、また審査に落ちる事になった信用情報が上書きされる事になります。そうなればまた半年間待つ事になるので、再申し込みの際には慎重に期間を選ぶ必要があります。

カードローンの申請の際には年収や勤続年数を記載する必要があります。これらの数字はいきなり上がる事はありません。数ヶ月で年収が100万円も増える事はまず無いと判断されます。実際に年収であるのに数ヶ月でその年収の数値を変えられても、本人はまだ一年経っていないのに年収を変えている事になります。これは立派な不正であるので審査に通る事はありません。(こちらもご参考に→カードローン審査に通らない理由が分からない!

つまり再び同じ会社に申請する事は出来るだけ避けた方がいいです。会社によって審査の基準が違うので、他の会社であればあっさり審査を通過する事が可能である場合もあります。複数の会社に申し込む際には、一日で全て申し込んでしまう事が大切です。申請の履歴は各会社が見る事が出来るので、その様な経歴があれば審査に通る事はありません。

正しい申請をする事でこうなる事態は避ける事ができますが、どうしても同時申請するのであれば信用情報に書き込まれるまえに複数の会社に申請する事が大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ