> > > カードローンの申込時で注意しないといけないことは?

カードローンの申込時で注意しないといけないことは?

カードローン初心者なのですが、カードローンの申込時で注意しないといけないことで有名なものにはなにがあるのでしょうか?

希望額と申請回数があります

気をつけないといけないもので、かつ有名なものでは「希望額、申請回数」の2つがあります。希望額については、年収に自信がないのであれば30万円ほどに設定をしておくようにしましょう。また、希望額は高くても審査そのものは通ります。ですが、希望額が高すぎる場合には「業者側が限界を感じる」ケースもあるので注意が必要なのです。

このようなケースでは、業者側が相手の借入希望に応じられないということで、審査落ち後に再審査をしてくれるなどの対応がなかったりします。もし、気に入っている業者でこのような対応をされると辛いものです。なので、様子見・・・ということで30万円から契約スタートとするくらいがちょうどよいです。また、20万円でもいいのですが、10~30万円には特に意味がありませんので、高い金額で設定したほうが無難です。

次に、カードローンの申込時で注意しないといけないことは申請回数です。カードローン申請をしていると、あまり審査で通らないようなカードローン業者では数回にわたって落ちるかと存じます。そのような場合に、すぐに申請をされると「切羽詰まっている契約希望者」となりますので、カードローン業者でも要注意人物というふうに捉えるようになったりします。このようになってしまうと、関連会社でカードローンを組めなくなる危険性があるので、審査落ち後については別の業者で審査をされるとよいです。
(⇒カードローン審査に全部落ちた場合はどうしたらいい?

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

カードローン申込時の必要書類はどれとどれか

カードローン申込時には、申込みに必要な書類があります。まずは本人確認書類になります。運転免許証や健康保険証(国民健康保険証、社会保険証、組合員保険証、共済保険証)、パスポート、住基カードなどになります。カードローン会社によっては顔写真付きの身分証でないと不可という会社もありますので、事前に何が必要かは確認が必要です。いずれの書類も有効期限内のものになります。有効期限を過ぎていると、それは本人確認として採用されない書類となりますので、更新してから再度申し込みをするか別の書類にて提出をするかになります。

また、引っ越したばかりなので運転免許証の住所を書き換えていない場合があり、現在すんでいるところと免許証の住所が違う場合ですが、別途現住所を証明する書類を添付する必要があります。現住所証明する書類としては、電気、ガス、水道、NHKの受信料といった公共料金の領収書、携帯電話の領収書、住民票、印鑑証明書などが現住所を証明する書類になります。カードローン会社によっては、公共料金の請求書は不可できちんと支払い済みである領収書でないと認めない会社もあります。

そして、審査内容によってですが収入証明書の提出がもとめられます。銀行系のカードローンは原則不要ですが、消費者金融系のカードローン会社だと限度額が50万円以上を希望する場合に必要となります。また、限度額が50万円を希望しなくても他社での利用残高と合わせて100万円以上の債務額になる場合には収入証明書の提出が求められます。収入証明書として採用される書類には、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書、納税証明書、所得証明書などがあります。

いずれの書類も最新年度分を提出します。給与明細書を提出する場合は、最新2ヶ月分とボーナス支給のある方は、賞与明細夏季と冬季の2期分も必要です。賞与明細はなくても審査できますが、その分は年収に加算されないでの審査となります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ