> > > カードローン完済後に新規の申し込みを行うメリットを知りたい

カードローン完済後に新規の申し込みを行うメリットを知りたい

ネットの上手な借入を調べていると、カードローン完済後に新規の申し込みをするとさらに借りられるというものがありました。これは、本当にメリットのある行為なのでしょうか?

メリットのある行為となっています

現代では、カードローンについても「多額で借入ができない」ようになっているので間違いではありません。例えば、Aカードローンで50万円借りていた場合に、返済を終えたとしてもAカードローンだけでは50万円が利用限度額となります。ですが、返済を終えているだけでも評価についてはされていますので、Bカードローン業者で新規のカードローンができるようにもなっているのです。

その状態であれば、30万円以上で借入が出来るかもしれません。また、Aカードローンで増枠をするという手段もあるのですが、現代ではサラリーマン金融などで総量規制がかかっている点には注意してください。こちらは、「年収の3分の1」までであれば利用限度額が設定出来るというものなのですが、実際は4分の1であることが多いです。

年収200万円のアルバイトなどの場合には、どれだけ返済を繰り返しても50万円までであったりしますので、カードローン完済後に新規の申し込みをする必要性があったりするのです。ちなみに、あくまでも3分の1なので4分の1で固定になっているわけではありません。例えば、返済をされている途中で収入増などが見込めるようになった場合には、そちらをAカードローンに伝えると増枠になるチャンスなどはあったりします。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を探すことも大切

カードローン完済後に申し込みをすることができるか

利用していたカードローン会社を完済して、残高が0になりまた借りたいのであればカードの融資余裕額があれば、また借り入れをすることができます。完済をして、もうカードを利用するつもりはない、今後借金をするつもりはないのであれば解約手続きをして契約終了になります。

一旦解約の手続きをすると、カードを使って借り入れすることはできません。一度解約したのですから利用していたカードは、ATMに入れても反応しませんし、借入はできないのです。そうなると再度申し込みが必要になります。

カードローン完済後に申し込みをするには、新規申込みと同じようにインターネットや自動契約機、店頭、電話などで申し込みになります。カードローンを利用すると、利用者それぞれに口座番号が与えられます。銀行だと同じ銀行に普通預金口座を複数口座を作ることができますが、消費者金融の場合だと1社1人1口座になります。そのため、口座を2つ作ることができないのです。保証人の商品を申し込む場合は別です。

消費者金融に口座が2つあったら、過剰融資になりますのでできないようになっています。解約後の再申し込みであれば、以前使っていた口座をまた使うことになります。あとは、審査内容は新規申し込みをしたときと同じなのですが、新規と違うところは前回利用時の取引実績を参考にされることです。前回利用時に、大幅な延滞や支払遅れを何回もしているとそれは審査に影響します。まして債務整理をして完済したのであれば、その会社に再度申し込みをしても融資をしてくれるわけはありません。

特に前回利用時に、返済に関するトラブルがなければ再度カードローンの利用ができる可能性は高いです。消費者金融の中には無利息キャンペーンを実施している会社があります。これは、はじめての方が対象となるものですので、解約してから再度カードローンの申し込みをされた方ははじめての方ではないので無利息は適用されません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ