> > > カードローンで借りる際の理由を記入しなければいけない意味は?

カードローンで借りる際の理由を記入しなければいけない意味は?

どこのカードローンでも、お使いみち自由とされているのにカードローンで借りる際の理由の記入は必ずあります。こちらの記入は、カードローン審査で重要な部分なのでしょうか?

現代では形骸化している記入項目です

現代では、カードローン業者のどこであっても「借りる際の理由の記入は必要」となっています。過去においては、あったりなかったりと業者によって対応がマチマチでした。では、どうして現代にもなって理由の記入が絶対となったのか・・・というと、今では契約上の対応のほとんどがマニュアルによって進行するようになっているからです。

つまり、今までに審査などの経験がない人でも審査が行えるようになっているものが、現代のカードローン申請であったりするのです。このようになっている理由については、それだけの理由しかありませんので、現代では記入項目になにを記入してもよかったりします。つまり、形骸化してしまっているサービス部分だと考えるのが正しいのです。

ただ、完全に形骸化しているのではなく、例えば「危険な理由で借りる、嘘の情報を記入して借りる」という人を特定するために用いられていたりもします。危険な理由で借りるというのは、すでにカードローンの利用件数が超過してしまっている契約者の特定で使われており、嘘の情報を記入して借りるというのは、情報の不備があった際に記入項目のチェックも行い、問題の多い相手ではないかのチェックをするのに利用されたりするという感じで使われています。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準について詳しく知りたい!

カードローン借りる際の理由はなんでもいい

カードローン申込みするときに、審査でカードローン借りる際の理由を申告しなければならなかったり、インターネット申し込みだと入力が必要になります。カードローンを借りる際の理由としては、生活費の足し、レジャー、旅行費用、結婚費用、葬式代、旅行費用、教育資金、物品購入、事業費、引越費用などひとそれぞれです。何に使うかで限度額が上下するわけではありませんが、あくまで参考程度に聞かれるだけです。

別のこれは、参考程度なので旅行に使うと申告をして生活費の足しに使っても構わないのです。カードローン利用後に、何に使ったか調査されることはありません。例えば引越しを借り入れの理由として申告をしたら、その後に領収書を提出させることなどはありません。

では、参考程度と言いながらなにを確認するのかというと、利用目的と希望の金額になります。3万円程度しかかからないところを50万円希望ですとなると、本当は他社への借金の返済に充てるのではないかという憶測がたちます。ただ、ある程度多めに希望金額を申告しておけば、何かあった時のために残しておくことも考えられるため一概にはいえないです。

そして、最初から利用目的がはっきりしているのであれば、フリーローンに申し込みをするよりも目的別ローンに申し込みをしたほうが有利な場合があります。消費者金融の中には、使途自由なフリーローン以外にも目的ローンを取り扱ている会社があります。これは、引越や冠婚葬祭などあらかじめ使用目的が決まっているのであれば、その目的専用の融資をしてくれます。この商品は、フリーローンよりも金利が低く設定されていますので返済するときに有利になります。

申し込みには引越であれば見積書などを提出する必要があります。フリーローンだと何に使ってもよりので金利は高めに設定されて繰り返し借り入れ自由ですが、目的ローンは金利が低いのですが借り入れは一回のみローンです。はじめから利用目的がはっきりしているのであればこちらのほうが有利です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ