> > > 違う業者で複数申し込むのが可能なカードローンを探している

違う業者で複数申し込むのが可能なカードローンを探している

カードローンを違う業者で複数申し込みたいのですが、そのような方法でもカードローンは可能でしょうか?

現代ではそのようなカードローンも可能です

昔ではできませんでした。というのも、複数で借りているというだけで「悪い評価」がつくようになっていたからです。現代では、個人の利用については個人信用情報機関という機関でまとめられています。なので、こちらで良い評価をされている個人や法人については、カードローンを違う業者で複数申し込むというのも可能になっています。また、個人信用情報機関で登録されている情報については、本人の申請で見れるようにもなっておりますので気になる場合にはチェックしてみましょう。

次に、複数で申し込めるようになっている理由ですが、現代では「総量規制」があるのでサラリーマン金融などでも複数で可能となっていたりします。総量規制もあり、過去に比べると半分以下でしかカードローンできなくなっているので、このような対応についてもされているというわけです。実際に総量規制では、年収の3分の1までしかローンが組めないようにもなっています。

ですので、「銀行のカードローン」を利用してカードローンを違う業者で複数申し込むようにします。銀行は先程の総量規制についても対象外となっておりますので、カードローンが100万や200万という金額になってもできるようになっています。つまり、複数でカードローンをされる場合で、もっとも望ましい業者というのは銀行となります。逆にサラリーマン金融などでは、50万円~100万円でカードローンについては厳しくなりやすいでしょう。

【参考ページはこちら】
複数のカードローン申込みは審査に不利?

業者を選べばカードローンを複数申し込むことができる

カードローンは、業者を選べば複数申し込むことができるサービスです。なぜかというと、法律的にそのような方法でお金を借りることが許されているからです。カードローンに関しては業者によって適用される法律が異なっていますので、適用される法律によってはどのような形でお金を借りても自由なのです。特に、貸金業法という法律が適用されるカードローンでは複数の会社からお金を借りることができます。

貸金業法の特徴は、総量規制という融資の規制が存在することです。総量規制は、本人の年収の三分の一を上限としてお金を借りることができる規制のことを言いますので、この範囲内ならばどの会社でお金を借りても法律に違反することはありません。また、貸金業法は貸金業者に適用される法律ですので、この法律が適用されるサービスでは審査の基準が甘くなっているというメリットがあります。

ただ、お金を借りるときには一つだけ注意をしなくてはいけないことがあるのです。それは、総量規制で設けられる条件はすべての金融機関からお金を借りた合計金額だということです。仮に、年収が30万円しかなかったとしても三分の一の範囲である10万円までは自由にお金を借りることができるのですが、これは一つの機関で10万円が限界という意味ではないのです。

例えば、ある会社で7万円のお金を借りたときには、別の会社でお金を借りるときには差額の3万円しかお金を借りることができません。総量規制は、金融機関からお金を借りることができるすべての合計を意味しますので複数の会社からお金を借りるときにはその点に注意をしなくてはいけません。

また、総量規制はカードローンだけではなく少額融資全般に適用される規制ですので、キャッシングでお金を借りたときでもその合計金額に借金の額が含まれることになります。審査の基準はそれほど難しくありませんが、自身が抱えている債務の状況には気をつけなくてはいけないのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ