> > > カードローンの申し込み時の身分証明でもし保険証がない時は?

カードローンの申し込み時の身分証明でもし保険証がない時は?

カードローン申し込み時の身分証明で保険証がない時ってどうすればいいんだ?探しても保険証が見つからなくて困っているので教えて欲しい。

その他の提出可能な書類を使う

カードローン契約においては、次のようなものであれば本人確認のための証明書となります。特に有名なものでは「保険証」がありますが、それ以外では「運転免許証、住民基本台帳カード、住民票、パスポート」があります。学生であれば「学生証」を提出するだけで保険証の代わりにはなります。ただ、パスポートなど在留期間が決められているものについては、更新がされていないと無効になるので注意しよう。
(⇒学生がカードローンを利用するには?気になる方はこちらへ

保険証は、なかった場合には代用が可能となっているし、そのような対応をされてもカードローン申し込み時の身分証明において「不利にはならない」ようにもなっている。また、運転免許証についても更新されているものでないと有効にならないようになっているので注意しよう。一般的な証明書と違って、「住所が変更になっても更新が必要」となっている点が特に重要であったりする。

このような場合、最寄りの警察署にて指示を受けるようにすると、新しい免許証の発行と同時に住所変更手続きについても行ってくれるようになっている。これらが行われていないと、ローン全体でローン審査で落ちるようにもなってしまうし、さらに以前に住んでいたアパートやマンションに「書類が郵送」されたりもするので気をつけないといけない。郵送の転送手続きがされていない場合には、誤って過去の住所に契約書などが郵送されたりもする。

【参考ページはこちら】
カードローンの申込みに関するオススメ記事

カードローン申し込み時の身分証明で保険証がない時は

一人暮らしを始めたばかりの時は、何かとお金が必要になることが多いですが、まだ給料が少ないフリーターや派遣社員の方の場合は、引越し代でほとんどのお金を使ってしまったという方もあるかも知れませんね。家具や家電がなければ不便ですから、買いたいのにお金がなくて悩んでいる方があれば、お近くのローン会社にカードローンの申し込みをするようにしましょう。カードローンは保険証などの身分証明書さえ用意できれば、担保や保証人は不要なので、これほど便利なものはありません。

カードローン申し込み時の身分証明で保険証がない時は、運転免許証でもかまいませんし、住民票やパスポートでも良いので、とにかく本人確認が出来る書類を用意するようにしてください。身元がはっきりしてない方にはどんなローン会社も貸してくれないので、まずはそれを証明するための書類の提出が出来なくてはなりません。

身分証明書を提出すれば、ローン会社はそれを元にして、すぐに審査を開始してくれます。消費者金融なら即日審査出来るところが多いですし、銀行や信用金庫でも審査が早いところが増えて来ています。身分証明書を見れば、住所や年齢が確認できるので、安定した収入のある方であれば、大抵の方が合格することが出来ます。

安定した収入さえあれば、パートやアルバイト、派遣社員、自営業の方でも、正社員や公務員と同じように利用出来ますが、限度額には違いがあるので、そこだけは注意しておくようにしたいですね。
(⇒カードローンを利用しやすい職業は決まってるの?

カードローンの最高限度額は、それぞれのローン会社によって全然違いますが、300万円や500万円のところが多くなっています。限度額いっぱいまで何度でも利用することが出来るので、同じ月に何回でも借り入れすることが可能です。ですがあまりたくさん借り過ぎると、途中で返済できなくなってしまう恐れがあるので、毎回必要最低限だけを借りて、次の給料日にまとめて返せるようにしたいですね。早く返すことが出来れば、それだけ払う利息が少なくて済むのでお得になります。ボーナスが出たら、一括返済を検討するのも良いでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ