> > > メリットがカードローンのスピード審査にはあるのだろうか

メリットがカードローンのスピード審査にはあるのだろうか

カードローンのメリットについては知っているのですが、スピード審査のカードローンのメリットについては知らないので教えてください。

メリットはスピーディーに審査ができる点です

そのままですが、スピード審査のカードローンはスピーディーに審査が完了します。つまり、「無駄な作業」をしないでもよいのがメリットとなります。現代では、スピード審査そのものは珍しくないのですが、ノンバンク系ではスピード審査については対応していません。こちらについては詳細について案内すると長くなるので省きますが、銀行やサラリーマン金融は個人信用情報機関に加盟しているので審査時間が同じくらいであったりします。

また、今では「複数のカードローン」を同時に行うサービスというものがネットにはあります。その時に、A~Cまでは1時間で、D~Fまででは1週間となっていると審査にタイムラグができてしまい面倒だったりします。そのようなトラブルについても、今ではスピード審査をされている銀行だけのカードローン審査というふうに改善されているので、シンプルな審査を多数で行えるメリットもあります。

次にスピード審査をされている業者は、「ネット完結型」とされている審査をしているケースが多いです。有名なものでは、モビットのカードローンなどがそうです。こちらでは、ネットだけで通知郵送についても対応していますし本人確認についても行えるようになっています。契約書類などについても後で郵送となっているので、スピード審査が終わってしまえば好きなようにカードローンを楽しめるというメリットがあるのです。

【参考ページはこちら】
カードローンの申込みで注意しなければならないことは?

カードローンのスピード審査は実際にはどれぐらい時間がかかるのか

カードローンの申請の際には審査が必要になります。基本的にはこの審査には時間がかかります。会社としてはしっかりと返済してくれる利用者を集めたいので、慎重に審査する必要がある為です。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?)もし、返済を滞らせるような利用者を集めてしまった場合には返済を滞らされる事になり会社にとって損害になってしまいます。

そんな事を避ける為にも慎重に審査をされる事になります。その為に長い審査を嫌いカードローンを申請しない人が多いです。つまりスピード審査に定評がある会社には新たな利用者が集まる事になります。

ではこのスピード審査は実際にはどれぐらい早いのかというと、まず本来の審査がどれぐらいかかるのかを知っておく事になります。本来の審査にかかる時間は3日程度から1週間です。これは急にお金が必要になった人にとってはかなり長い期間ということになります。スピード審査や即日審査を謳っている会社においては、早くて40分で審査が終わります。長くてもその日の内に審査結果が送付される事になります。
(⇒カードローン本審査にいつも落ちる…どうして?

ただし、これはインターネットを通じて審査してもらった場合に限ります。郵送で審査してもらった場合にはもちろん届くまでの時間がかかるので3日以上かかってしまいます。即日審査を謳っていても実際には次の日に審査結果が来る場合があります。例えば夕方や夜に申請した場合です。審査をするのはコンピュータが自動で行うのではなく、担当者が審査を行う事になります。つまり担当者の勤務時間が修了する際には次の日に審査が繰り越される事になります。

これはスピード審査をしてもらいたくて申請した人にとっては損失になる場合があるので、利用者はこういった事を把握した上で申請する事が大切です。スピード審査をしてもらう事による一番のメリットは、緊急時に素早く対応が出来るという事です。お金が急に必要になった時に実際に借りるまでに時間がかかっていてはその事態を回避する事が出来なくなります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ