> > > カーードローンに落ちた原因は配偶者を書いたからなのか

カーードローンに落ちた原因は配偶者を書いたからなのか

結婚をすると、それまでは何でも1人で決められていたのにそれがなかなかできなくなる。これは既婚者であれば誰でも感じることではないでしょうか?それは多くの場合不便に感じ、男性であれば、お金の負担が増える場合もあるので、なかなか結婚できない。収入が少ないと結婚したくても結婚できないそんな人が増えてきているそうです。

カードローンのようにお金を借りる場合であればそおれはもう大変な問題です。奥様、旦那様どちらか一方がお金を借りたいと思ってもおいそれとは借りられません。しかし、やむをえずカードローンを申し込む時、旦那様名義でお金を借りる場合、旦那様本人は忙しいので、奥様が代理で必要書類などに記入をした場合、もし、筆跡が違うことがばれたら、審査に通りません。また、本人が記入しても、配偶者の欄に奥様の名前を記入して審査に落ちるという場合もあります。

代理記入が問題なのはお金なので、本人確認がとても重要なために代理では受けてもらえないのです。返済者が明確に誰であるか、偽りがないかが信用の面で重要視されているからです。では、配偶者の欄に氏名を書いて審査に落ちる場合があるのはなぜでしょう?それは奥様名義でお金を借りていて、奥様もそれなりに収入があれば、旦那様の借り入れ限度額に影響はないのですが、専業主婦であった場合は、奥様名義でも返済は旦那様になるので、2人合わせて借り入れ限度額を超えてしまうと審査に落ちてしまいます。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を選ぶにはどうしたらいい?

配偶者書いたらカードローン落ちたけどなぜ

カードローンの申込み書に記入する内容ですが、自分の氏名、生年月日、住所、電話番号、そして勤務先名、勤務先の電話番号と住所です。その他はカードの希望の限度額であったり融資希望額、他社での借り入れ件数と借入残高などです。申し込みの段階ではこのくらいまでです。既婚の方は、配偶者の氏名も記入をします。配偶者欄は、配偶者の方の漢字氏名とカナ、生年月日のみで勤務先まで記入する欄はありません。

そして、申込み書を記入が終えたら審査へと移行します。その後伝えられたのは、審査結果融資が通らなかったことです。自分では、他社の借入もあるが正常に取引をしていて返済に遅れたことなど一度もなく、年収も平均より若干高いので問題ないと思っていたがカードローン落ちた。

不可解な審査の落ち方として考えられるのがカードローン落ちた理由として、配偶者書いたからであることも考えられます。カードローン会社によっては、同居貸付を禁止している会社もあります。これは、すべてのカードローン会社ではないのですが審査基準は各社異なります。

カードローン会社に申し込みをしたら、妻もその会社ですでに利用をしていたために審査で断られることがあります。これは、なぜ夫婦であることが分かるかというと、審査の時に自宅の電話番号で顧客データーべスに照会をかけると、同じ番号を使っている該当者が検索結果として表示されます。申込み書に記入した配偶者名と一致していれば夫婦で申し込みをしにきているとするにわかるからです。

ただ、断りを伝える時に奥様が借りられていますので融資ができませんとは伝えられません。当社基準によりお断りさせていただきますと伝えられます。あくまで夫婦と言えども個人情報になるので具体的な理由は公表されることはありません。夫婦で借入していることがダメな理由としては、生計を一にしていると考えられるため、両方に融資をしてしまうと過剰融資になるおそれがあるためです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ