> > > 銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちる事はあるんですか

銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちる事はあるんですか

カードローンやキャッシングをよく使っています。と言っても、今まで利用したことがあるのは全部消費者金融です。昔はダーティなイメージがあったみたいですけど、僕らの年齢だとあんまりそういうのはないですね。使い過ぎて返済に困ってる知り合いがちょっといたけど、そういうタイプは元々お金を借りることに向いてなかったんだと思ってます。僕は給料前で苦しい時や、手持ちの金で賄えない時だけ使ってます。

出も最近、会社の先輩とカードローンの話になった時、「消費者金融でそれだけ計画的に使えてるなら、利息が低い銀行系のカードローンにしてもいいんじゃないか?」と言われたんです。銀行系のカードローンって考えたことがなかったので驚きました。消費者金融は手軽なのが魅力だし、いつでもどこでも返済が簡単っていうのに惹かれて使ってたんですけど、しらべてみると銀行系もいいところがかなりあって驚きました。

試しに一枚、銀行系のカードローンを使ってみようと思ったんですけど、銀行系と消費者金融系って審査が違いますよね?消費者金融だと仮審査から本審査ってめっちゃ早かったけど、銀行系って時間がかかるらしいですよね。あと、オリジナルの審査基準があるとかないとか…。例えば仮審査通過の後の本審査で落ちてしまうことってあるんですかね?消費者金融系ではまずなかったと思うんで…。

仮審査の後に落ちることもあります!最後まで気は抜けない!

カードローンは大きく分けると銀行系、消費者金融系に分かれますね。どちらも利点が違うので、利用者の都合や目的によって使い分けをすることが一番です。人によっては銀行系も消費者金融系も両方利用しているということがありますよ。その時々に応じてお得な方を選んでいるということなのでしょうね。

消費者金融は確かに昔、あまり良くないイメージがありましたが、貸金業法の改正や、何より企業側の経営努力によって、今はかなりクリーンな業界いなっています。返済が遅れる人には多少厳しい態度を取ることはありますが、昔のイメージのように無理な取り立ては決してしないことになっていますし、借り入れの時にも利用側が借りすぎないように配慮するほどです。

銀行系は消費者金融系と違い、貸金以外の事業も幅広く行っており、様々なケースに対応が可能ということが魅力のひとつでしょう。しかしオリジナルの審査基準があるというわけではありません。皆さんよく勘違いしているのですが、銀行系も消費者金融系も、実際は審査の内容はほとんど一緒なのです。返済能力があるかどうか、最低限の基準を満たしているか?ということになります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

仮審査では機械的に、年収や勤め先、年齢で返済能力を測ります。ここまでの審査は申し込みから結果が出るまで大変早いものです。この後に本審査に入ります。この本審査が曲者(?)と考えられることが多いようです。ここでは機械的なチェックだけではなく、他社からの借入があるかどうか、あったとしたらいくらくらいか?ということを、じっくりと担当者が調べます。

この本審査で「ちょっとお金は貸せないな……」と判断されると、例え仮審査に通過していてもお金を借りることはできなくなります。消費者金融系でなかったということは、あなたの取引情報が大変良かったからだと考えられます。消費者金融も審査はきちんとしますから、落ちる人は本当に落ちてしまうんですよ。

先輩のおっしゃる通り、消費者金融でそういった実績を作っているのなら、銀行系の審査にも通りやすいのではないかと思います。申し込んでみる価値はありますよ!

銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちる

銀行カードローンの仮審査は銀行が行いますが、本審査は銀行カードローンの返済を保証する保証会社が行います。それで審査する所が違うから、銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちることがよくあります。それで審査に落ちた人はそれだったら最初から全部銀行がやれよと思いたくなりますが、保証会社も商売でやっていますから、保証出来ない人には保証しません。

銀行の仮審査は手続き上の審査でして、後は保証さえつけば借りられますよということです。それで本審査というのも、保証会社が保証をしなければいくら銀行の審査が通ろうと意味が無いから、保証会社の審査を本審査と言っています。

それで保証会社の審査が落ちたから、借りられないなら保証会社無しで貸してもらえないかと銀行に直談判しても、残念ながら無理です。そして保証会社に審査で落ちた理由を聞いても答えてくれません。単純に書類不備でしたら、仮審査で指摘されていますから、書類不備ではないです。

それで落ちた理由として、在籍確認の方で問題が有ったのかもしれません。勤務先の電話番号を書き間違えたか、誤認されたかで、在籍確認出来なかったら、本審査は落とされます。契約書を確認させてもらえればわかりますから、契約書が銀行に有れば確認をさせてもらうことです。

そして在籍確認に問題が無ければ、借入先が多過ぎたということです。保証会社は、保証した相手が返済出来なければ、借りている分を肩代わりしなきゃいけないので、返済能力に疑問を持たれたら審査が通りません。だから収入に対して借り入れが多過ぎるということです。

保証会社も保証しないと商売になりません。しかし返済能力に疑問がある人の保証は。リスクに対して見返りが少な過ぎるから、保証しないと商売にならないけど保証をしませんということです。

銀行カードローン仮審査通過後の本審に落ちるのは、在籍確認の方で不備が有ったか、借り過ぎが原因です。だからそういう面を改善すれば、次回は審査が通るようになります。

【参考ページ】
カードローンの在籍確認に関するオススメ記事はこちら

新着記事
カテゴリー
ページトップへ