> > > 審査落ちた銀行カードローンはすぐに申し込んで借りれますか?

審査落ちた銀行カードローンはすぐに申し込んで借りれますか?

銀行のカードローンの審査に申し込んで審査に落ちました。この審査落ちした銀行カードローンはすぐに申し込んで借りれますか?お金がどうしても必要で、カードローンでお金を借りたいのですが、できれば自分の口座がある銀行のカードローンを利用したいと思っています。

以前に他社で借入をしていましたが、仕事を辞めて一時期支払いができない期間がありました。今回、銀行の審査に通らなかった理由はその支払いを止めていた期間が原因だとは思うのですが、どうしてもこの銀行のカードローンが使いたいんです!

まず、冷静になりましょう。ダメなものはダメです。

自分の使っている銀行のカードローンが利用したいという気持ちはよくわかります。何かと便利だったり、サービスが付帯していたり、支払う金利が下がったり、受け取る金利が上がったり、他にもやはり使っている銀行のカードローンは安心ですよね。何かあった時の問い合わせ先や相談先も把握しているので安心して使えるというのもメリットかもしれませんね。

そのメリットは良くわかりますが、審査に通らなかったからと言って即座に再度審査を申し込んでも審査に通るとは思えません。申し込みの手間を考えるとほかのカードローンに申し込んだほうが良いでしょう。そして自分の取引銀行で借りることができないような状況なのであれば、ともするとほかの銀行のカードローンも利用できないかもしれません。

まず、カードローンの申し込みを考えているのであれば、確実にお金を借りることが第一なのではないでしょうか?もし、借りることが第一ではなく、取引銀行で借りることが第一なのであれば諦めましょう。以前の支払滞納の時期や期間がはっきりとはわかりませんが、少なくとも数年間は自粛したほうが無難と言えます。

借りることが第一なのであれば、銀行からの借り入れを諦めましょう。今の状態では銀行はおろか、消費者金融業者や信販会社でも借り入れは難しいかもしれません。特に前回の滞納が二年以内で、現在も完済していないのであれば、新たな借り入れは難しいかもしれません。借りたい金額や今借りている金額にもよりますが、カードローン以外の方法を模索したほうが良いでしょう。

もし、現在も利用しているカードローンがあるのであれば、そこに増額の申請をしてみるのも方法の一つです。こらももちろん審査があるので審査に通る可能性は限りなく低いですが、滞納の状況をどこよりも把握している分、ひょっとすると借りれるかもしれません。いずれにしても借りれる可能性は低いということを念頭に置いて増額の申し込みをしてみましょう。

審査落ち銀行カードローンを無くすための対策

お金とは、一体どういった物なのでしょうか。お金は、現代社会で生活している者にとっては、無くてはならない物です。現代人は、さまざまな形でお金を得る手段を持っています。代表的なのは、会社組織と雇用契約を交わすことで従業員となり、それである程度決まった額の給与を毎月貰うという方法です。また、自ら事業を興し、利益を出すことでお金を得ることもできます。このように、さまざまな手段によってお金を得ることができますが、これらの他にもお金を得る方法があります。それは、お金を借りることです。

では、お金を借りるにはどうすれば良いのでしょうか。お金を貸している所といえば、銀行や消費者金融会社などの金融機関です。銀行などでは、カードローンという、一般の人向けに簡単にお金を借りることのできる、とても便利なサービスを展開しています。このサービスは、必要な時に手元にお金が無い場合にとても有効です。

初めてカードローンを利用する時には、審査というものが必要です。この審査では何をするのかというと、お金を借りる人がきちんとした返済能力があるかどうかを、金融機関側が調べるということをします。この審査の基準というのは明確にされているわけではありません。場合によっては審査に落ちるといったこともあります。審査に落ちると、カードローンは利用できません。ですから、カードローンを申し込みするには、審査落ち銀行カードローンをなるべく減らしたいところです。それには、何か対策のようなものはあるのでしょうか。

審査は金融機関によってまちまちです。厳しい所もあれば甘い所もあります。審査に不安があるならば、甘い所を狙うのが良いでしょう。では、審査が甘めな所とは、どういった所なのでしょうか。それは、顧客拡大を目指している所です。大手銀行と大手消費者金融会社とが提携している所はそういった傾向があります。したがって、こういった所に集中してカードローンの申し込みをすれば、審査に通る割合も上がってくるのではないでしょうか。
(⇒カードローン審査の甘い所をお探しのみなさんにオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ