> > > 過去に審査に落ちたカードローンの審査はまた落ちるのだろうか?

過去に審査に落ちたカードローンの審査はまた落ちるのだろうか?

過去に利用したいと思っていた大手のカードローンの審査に落ちた事があります。あれから数年、勤続年数も増え、収入も多少ですが増え、安定した生活を遅れています。ただ、現金一括で購入するにはどうしても難しいものがあり、カードローンを利用したいと考えています。できれば、この大手のカードローンにしたいのですが、過去に審査に落ちたカードローンに再び申し込みをしても、審査はまた落ちるのでしょうか?同じ会社はダメと聞いた事があるのですが大丈夫ですか?

過去とは条件が変わっているので可能性はあります!

大丈夫と思いますよ!なんて言うと、審査があるので嘘になるかもしれませんが、可能性は充分にあると思います。過去に申し込みをした時の審査に落ちた理由というのが分からないので明確な事は言えませんが、その時とは明らかに変わってらっしゃるんですよね?ならば可能性はあるでしょう。

例えば過去に滞納をしているような時に申し込みをしたのならば、今は安定して生活していらっしゃるとの事、数年経っているとの事なので、問題なくなっているでしょう。勤続年数が少ない、安定している収入とは言い難いと思われていたならば、もう大丈夫になっているかもしれません。あなたの状況が過去よりもよくなっている以上、諦めなくて良いかと思います。

利用しようとしているカードローン会社の審査の基準をクリアしているかどうかは分かりませんが、少なくとも過去よりは近づいたと思われますし、もしかしたらクリアできているかもしれません。頻繁に同じ会社に何度も申し込みをするのは嫌がられてしまいますが、数年経っていれば問題ありません。ダメかもしれないと思っているなら審査に落ちる覚悟もできてるでしょう?なら、試してみましょう!また落ちたら何が原因か考え直してみれば良いでしょう。

さて、同じ会社はダメという情報ですが、ガセではありませんね。ある話です。ただ、過去に申し込みをして落ちたというくらいでは問題ありません。もし、申し込みをした時に何らかの問題を起こしたとかではないですよね?普通に申し込みをして審査に落ちてしまっただけですよね?なら大丈夫です。前回の申し込み時に嘘の情報を書いて提出していたり、偽造をしていたり、電話で文句を言ったりなどなど、問題ありのレッテルを貼られていなければ大丈夫でしょう。

同じ会社に申し込みをしても不利になったり、不可になるというパターンは、何か問題を起こした時だけです。例えば過去に利用した事があり、滞納を繰り返していた、債務整理や自己破産をしたなどがあれば不可になります。違う会社と思っていても吸収合併であったり名前が変わっているだけの事もあります。また、家族(同住所)に事故(ブラック)の人がいても不利になる事もあります。

信用情報としてなんらかの問題は全貸金会社に知られてしまいます。これらは一定期間が過ぎると消え、他社には分からないようになるので、自己破産をした人でもいつか借りれるようになるのですが、自分の会社で問題を起こした人の情報は消さないですよね。個々の会社のブラックリストは永遠な事も多いです。なので、問題を起こした会社で再び申し込みをするのは不可になる事が多いという事です。(こちらもご参考に→ブラックでも申込みできるカードローンはある?

あなたの場合、そんな過去ではないように感じます。どうしてもこの会社と決めているならば、挑戦してみましょう!ですが、基準が高すぎる会社を望んでいるとすれば、あなたの状況がどんなに良くなったとしても難しい場合もあります。安心して利用できる会社は様々ありますので、他を検討してみるのも良いかと思いますよ。

カードローンの審査に落ちる理由で最も多いものとは

カードローンの審査では、クレジットカードの審査と同じく年収や勤続年数等の経済的情報と信用情報を見られる事になります。この中でも審査に落ちる理由で最も多いものが、勤続年数に関してです。カードローンを借金の為に利用する人に多いのは、何事もすぐに諦めて後の事を考えずに借金をしてしまうような忍耐力と計画性の無い人です。

カード会社としてはそういった人格を数字から読み取る事が必要になります。そういった人には決してカードを作成しません。してしまえば自社が損害を受けてしまう事になるのでそれだけは避けたいところです。勤続年数が短いという事は転職をしているという事です。例えば年齢が40歳近いのに勤続年数が短ければ、職を転々としていて安定していないと判断されます。転職は30歳を越えると難しいと言われているので、大した年収でもなく勤続年数が短ければアルバイトで転々としていたり、努力や継続力を持っていないと判断されます。

これはいくら年収があっても致命的な事であり、人として信用する事が出来なければカードローンは利用させることは出来ません。審査に落ちた人は基本的に年収で落ちたと判断している人が非常に多いです。しかし、年収に関しては実際は240万程度あれば難なくカードローンを利用出来るようになります。

主に重視されているのは安定と社会的信用であるので、しっかりとした雇用形態で働いて出来うる限り頑張っているという証明になる勤続年数を充実させる事が大切です。主にこういった信用関係での審査落ちが一番多いので、今までに光熱費を滞納したり携帯代を滞納し続けた記録がある人は注意が必要です。

そういった記録は一生付きまとうので、その様なことにならないように自分の事をしっかり管理しておく事が大切です。社会的信用は思わぬところで必要になる場合がほとんどであり、信用が無い人は後になって後悔する事がほとんどであるので日頃から気を付けておきたいところです。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に落ちるとどんな対応をされるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ