> > > 銀行カードローン審査で落ちる人の特徴を教えて下さい!

銀行カードローン審査で落ちる人の特徴を教えて下さい!

銀行カードローンを利用しようか検討中です。初心者なので、審査で落ちるのが不安です。どうのような時、審査で落ちてしまうのでしょうか。できれば、銀行カードローンの審査で落ちる人の特徴を教えて下さい。

審査で落ちる人は、年収・借入状況・勤務先のいずれかが不安定です

銀行のカードローン審査は、厳しいものと思われがちです。しかし、昨今のカードローンにおける審査は、そこまで厳しいものではありません。ポイントを押さえることで、自分が審査に合格するかどうかを知ることができます。そこで、まず審査に通らない人がどんな人か考えてみましょう。

審査に通らない人の特徴として、3つのポイントがあります。
1、年収が不安定である。
年収は多い・少ないよりも毎月決まった額を安定的に得ている必要があります。
2、他の借入が多い
他の会社のカードローンを複数利用している場合、返済能力に不安を持たれます。
3、勤務先が不安定又は勤務年数が少ない。
勤務先は利用者の返済能力と直結します。安定企業の方が、もちろん審査に有利です。

上記の3つが、審査時に主に見られるポイントです。ある意味、この3つに問題が無ければ、審査に通るのは間違いありません。審査で落ちる人は、簡単に言えば返済能力に疑問を持たれてしまう人です。銀行のカードローンは、無担保・無保証人でお金を融資するので、その人の返済能力を何よりも見るのです。

自分はグレーゾーンだな、と思う人も一度仮審査を受けてみましょう。各社のホームページ上で簡単に審査結果が出ます。仮審査が合格すれば、その後の本審査も、合格する可能性が高くなります。ただ一つ、気を付ける点があります。複数のカードローン会社に、一度に申込むのは避けましょう。申し込み状況は、各社が審査の時に活用する、信用情報機関に登録されます。多申込みは、カードローン会社が不信を抱く原因になります。出来れば、一度に2社までを限度に申込みましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に全部落ちたらどうしたらいい?

銀行カードローンで落ちる理由とその防止策

銀行カードローンを申し込み、審査で落とされてしまうとやっぱり審査が厳しいからかとあきらめてしまうことが多いです。しかし銀行側も落とす理由があります。その理由を取り除けばリベンジが可能です。ブラックリストに載っているような場合はどうしようもありませんが。そうでなければチョットした努力で銀行側の対応が変わり、審査で落ちるどころか高めの融資限度額をゲットすることも可能です。(こちらもご参考に→カードローン審査に通過できる裏技ってある?

銀行の審査姿勢は信販会社とは違います。信販会社がリスクを負って高い収益を狙うのに対し、銀行はリスクを背負わず、貸金の回収を重視します。このような審査姿勢の違いを知っていれば対応は比較的簡単です。つまり自分の貸金返済能力が高いとアピールすればいいのです。この方法は難しくありません。

最近の銀行カードローンは、コンビニATMでの返済を認めている場合があります。しかし自分が銀行の融資担当者になった場合、コンビニATMからの返済を希望する顧客と、給与振込のある口座からの返済を指定している顧客では、どちらから貸金を確実に回収できると思うでしょうか。このような違いが銀行の融資姿勢に跳ね返ってくるのです。

銀行カードローンで落ちる人は、信用度が低く融資限度額が少なくなった上に、他の無担保融資があるため更に印象が悪くなり、結果として融資限度額がゼロとなってしまうことが理由です。銀行カードローンで審査落ちした人は、このような条件に合致していないか思い返してみてください。

再度チャレンジするためには、これらの要因を取り除く必要があります。まず銀行で口座を開設して給与振込口座を変更します。そして他の無担保融資を返済し、クレジットカードのキャッシング枠をすべてゼロにします。使っていないカードローンはすべて解約する必要があります。更に取引量を増加させるために、公共料金やクレジットカードの引落口座をその銀行に変更します。自行をメインバンクにしてくれた顧客に対しては対応が違うはずです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ