> > > 理由があるの?カードローンの審査におちるひとの共通点

理由があるの?カードローンの審査におちるひとの共通点

カードローンの借り入れを検討しています。お金を借りるのが初めてで、審査があるということすら知りませんでした。審査に落ちることもあるのでしょうか。現在フリーターでアルバイトをしているのですが、フリーターでも借り入れできますか?

また審査に落ちる場合、どういった理由で落ちるのでしょうか?審査に落ちる人に共通点とかがあったりしますか?ご存知の方がおられたら教えて頂きたいです。よろしくお願いい致します。

理由があるの?カードローンの審査におちるひとの共通点

カードローンの審査に落ちる理由というのはだいたい決まっていますね。そもそも審査はお金を貸すことを前提に行われます。収入を中心に提出する情報とともにどれくらいの返済能力があるかということが査定され、借り入れ限度額が決定されます。安定した収入があればほとんど場合は少なからず借り入れはできます。

審査に落ちる人は、まず仕事に就いていない人。これは返済能力がないと判断されるので審査に落とされます。次に自己破産をしている人。こちらは過去に借金を返済できずに法的手続きによって破産してしまった人なので、信用がなくブラックリストから外れる7年間はお金の借り入れはできません。そして、金融事故者。遅延や滞納が多い人たちですが、これも信用性に欠けるので審査に通りにくいです。

他にも「申し込みブラック」という同時に複数社への申し込みを行う人や希望額が大きすぎる方なども審査に落とされたりします。以上のことに当てはまらなければ借り入れは可能だと思いますよ。

カードローンの審査におちるひとは原因を考えてみよう

カードローンの審査におちるひとにはそれなりの理由があります。まず、申込み規定に引っかかる場合です。年齢や収入です。年齢は各社によって異なりますが、上限下限は調べればすぐにわかることです。収入の無い人は借り入れを行うことができません。総量規制の適用がある消費者金融系はもちろん、適用のない銀行系でも収入の無い人にはお金は貸してくれません。

次に、申込書の不備です。収入を多く見せるために虚偽の内容を記載したり、勤務先を大手企業にしてみたり、勤務年数を増やしてみたり、嘘をつくのもってのほかです。企業には過去の情報の蓄積や在籍確認等を行ったりしますので、嘘はばれます。

そしてもう一つが、借入金額に関してです。まず既存の借り入れ金額が年収の3分の1に達している場合は、総量規制により消費者金融系ではこれ以上申込みを行えません。総量規制の対象外である銀行系では理論上は借入を行えることになっていますが、銀行系も上限額は概ね年収の3分の1程度を目安としているので、ほぼ不可能といえます。

もちろん、新規の借り入れでも総量規制を越えるような多額の申込みを行えばかえって不審に思われてしまうので、初めは控えめな金額が妥当といえます。また、少額であっても複数の金融機関からの借入を行っている場合もマイナス点となります。4社以上になると非常に難しくなります。

というのも、まとめて1社から借り入れずに、複数から借り入れているということは、一度に多くのお金を貸し出すことができないと判断しているからです。担保でもない限り、そのような人にさらにお金を貸し出すことはありません。さらに言うまでもありませんが、遅延延滞を行っているような資金繰りが苦しいとみなされても仕方がない人には融資は不可能です。

最後に、申込みを安易に考えている人も落ちやすいです。一度審査に落ちてすぐに別の企業に申込みに行っても、必ず落ちます。他社で審査に落ちているような人にわざわざお金を貸すような人はいません。最低半年は期間を設けるべきです。以上のことから、事前調査を怠ったり、無理な申し込みにより落ちるべくして落ちているといえます。つまり、収入に見合った無理のない範囲での申し込みを行えば必ず通るということなのです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ