> > > カードローンの審査を見送りされた理由で、最も多いものは

カードローンの審査を見送りされた理由で、最も多いものは

消費者金融のカードローンを申し込んだのですが、審査に落ちてしまいました。カードローンの審査を見送りされた理由で、最も多いものは何ですか?落とされた理由が分からないと、こちらも釈然としません。

在籍確認や、他社との契約状況が挙げられます

理由は多々ありますが、消費者金融の場合、意外と多いのが在籍確認の合否です。御存知の通り、在籍確認は勤務先にお電話をお掛けし、契約希望者の在籍を確認します。ここで確認が取れなかったり、電話を受けた方が営業の電話と勘違いして即切りされてしまうケースが後を絶ちません。代表番号ではなく所属部署の番号を入力したり、事前に話を通しておくなどの対策を講じましょう。

また、入力の不備(誤字脱字、記入漏れ)や年収ももちろんのこと、他社との契約状況も重要です。消費者金融には総量規制という決まりが適用されており、これは年収の1/3以上の融資を制限する決まり。つまり、既に他社と契約をしていて、融資限度額の合計が年収の1/3を上回ってしまった場合、その時点で審査は落選となってしまうのです。こちらも在籍確認の合否と並び多く見られる理由の1つですので、ご注意下さい。

消費者金融の審査自体は、決して難しいものではありません。他社からの借り入れや、ブラックリスト(正しくは信用情報機関の事故情報と言います)掲載者でもない限り、必要以上に身構える必要はないのです。それでも審査に落ちてしまうということは、どこかでケアレスミスを犯している可能性があります。キッチリ予備知識を蓄え、今度こそ審査を通りましょう!

カードローン審査の見送りの理由を知りたい人は

カードローン審査を受けたものの見送りされてしまうこともあります。見送りというのは否認されてしまったということですが、どのような理由があって落とされてしまったのでしょうか。その理由はプライバシーですので決してローン会社は教えてくれません。しかしある程度憶測することはできます。

まず勤続年数に注目してください。まだ勤務をして一ヶ月ほどしか経過していないということはありませんか。勤続年数が短いと審査の上では不利になります。これだけで落とされることはありませんが、それまでの収入が少ない場合には非常に大きなリスクのある属性と思われてしまいます。

そしてもう一つは過去の借入や現時点での借り入れです。きちんと返済をしていても多くの会社から債務をしてる場合には落とされれてしまいます。また今は総量規制がありますので債務の額が既に年収の三分の一以上になっている場合には決して借り入れができません。

あと過去の借入ですが、自己破産をしたり他の債務の未納や滞納がある場合にもなかなか審査には通らないのです。理由が何となく分かればまた再び審査を受けるときに対策をすることができます。過去のブラック情報に関しては努力によって消すことができませんが、時間の経過によって消えますのでそれまでは待っていてください。

あと年齢などが原因で借りにくくなってしまうこともあります。一応借り入れのできる条件に入っていても年齢の割には収入が少ない場合には落とされてしまいます。最近では元気な年配者が増えていますので50代の方でも借りられることが多いのですが、60歳近くの方の場合ですと定年が近くなり、返済が困難になりやすいとみなわされるために落とされやすくなるのです。

理由は憶測でしかありませんが大体はこのような理由なります、これらにも身に覚えがない場合には配偶者の借入が原因の場合もあるのです。色々なことを総合して審査の結果が出ておりこれと言った一つの原因ではないこともあります。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を探すことも大切

新着記事
カテゴリー
ページトップへ