> > > カードローンの審査に落ちたときは再度申込みに挑戦して良いのか

カードローンの審査に落ちたときは再度申込みに挑戦して良いのか

先日必要に迫られてカードローンを利用しようと思い近くの銀行に行って申込みをしたのですが、審査に落とされてしまいました。自営業で収入は安定しませんが、これまで信用情報に書かれてしまうようなことは有りませんでしたので、ちょっと信じられない結果でした。幸い友人の間を走り回ってお金は何とかなったのですが、また必要になった時に備えてカードローンの申込みはしておきたいと思っています。そこで再度どこかの銀行のカードローンに申込むつもりです。

気になるのはやはり審査なのですが、たまたまその銀行の審査項目に引っかかったのだろうと思うことにして、次の申し込みを強行することにしました。ただし、友人の話を聞いたところ、理由は分からないがどうも申込みを続けるのは良くないらしいと言われました。私は初耳だったので単なる噂だろうと思っているのですが気になります。それでお聞きしたいのですが、カードローンの審査に落ちたときは再度申込みに挑戦しても良いでしょうか。

金融機関の判断にもよりますが申込みブラックと言われる状態です

申し込み直後に再度申し込みをする場合申込みブラックと判断される可能性が有ります。何件目からそういう判断になるかは金融機関の考え方によって違いますが、申込みブラックと言うのは短期間に何件も申し込んでいる場合、その申込者はお金に困っていると言う印象を与えてしまって、金融機関としてはあまり貸したくない相手と言う判断になってしまう事を言います。金融機関によっては2件目からすでに申込みブラックと判断してしているようです。

なぜ短期間に何度も申込みを繰り返しているのが分かるのかと言うと、申込だけであっても信用情報に記載が載るためです。この情報を見ると申込者がいつ申込んだと言うことが分かってしまう訳です。ですから再度申し込むにしても申し込みブラックと判断されないためにはこの記載が消えるのを待ったほうが良いでしょう。この情報は6か月間記載されますので次の申し込みを6か月後にすれば少なくとも申込みブラックのために審査に落とされることは有りません。

ただあなたの場合心配なのは、1回目の申し込みで審査に落とされていることです。信用情報に問題が無いとすれば1つの考え方としてはあなたも言っているように自営業で収入が安定していないと言う点で引っかかっているのではないでしょうか。収入が安定しなければ返済が滞るのではないかと当然銀行側は考えたでしょう。どの程度不安定なのかによっても違いますが、他の銀行でも同じように判断する可能性が有るのではないでしょうか。

あなたは銀行に限っているようですが、もっと様々な金融機関について調べてみてはいかがでしょう。例えば近くの信用金庫とか信用組合ならば小規模の自営業でも目を向けてくれるでしょうし、地方銀行の中には自営業向けに月々の返済は無くして、お金のある時に払うと言う形の返済にしているカードローンも有ります。6か月時間が有りますから、良く調べて、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。安易に選んでも先には進まないのです。
(⇒地方銀行のカードローンを利用するメリットとは

カードローンの審査に落ちたら再度申し込んでもいいのか

カードローンの審査は厳しいとされており、半数の人はカードローンを利用したくても審査を通過する事が出来ずに諦める事になります。誰でも借りれるようになれば、悪質な利用者も増える事になり会社にとって大きな損失がもたらされる事になります。カード会社としてはそれは絶対阻止すべき事であるので、少しでも返済を滞らせそうな人物は審査に通す事はありません。

審査に必要な項目としては年収や勤続年数ですが、多くの人はどれぐらいのステータスがあれば審査に通過できるのかを知りません。知らないからこそとりあえず申請してみて落ちてしまうのです。その為にもどれぐらいのステータスが必要なのかを知っておく事が大切になります。年収は240万は必ず欲しいところであり、勤続年数は長ければ長いほどいいです。最低3年は欲しいところです。

重要なのは社会的信用度という事になりますが、これについて自信があっても経済力が無ければ審査に通る事はありません。審査において妥協点は一切存在しないので、全ての項目において完璧でいる必要があります。残念ながら僅かに勤続年数が足らずに落ちてしまったという人は、少し時期が経てばまたすぐに申請したいと考えます。

しかし、すぐに申請しても再び落ちてしまうだけです。信用情報は半年間残ります。つまり以前申請して落ちた事も記録されているという事です。さらには会社によって違いますが、一度申請があってから数ヶ月は申請を一切受け付けないという場合もあります。これは何度も申し込んでくる悪質な利用希望者をシャットアウトする為のシステムであり、短期で自分のステータスを向上させる事は不可能であるので、嘘の情報を記載して再度申し込んでくる利用希望者を遮断する為のシステムです。

一度申し込んで落ちてしまえば、半年以上経過してから再度申請する事が大切です。出来れば一年以上経過して給料が上がってから申込む事が理想であり時間の無駄になりません。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ