> > > カードローンの審査落ち後の再申込みする場合の注意点は何ですか

カードローンの審査落ち後の再申込みする場合の注意点は何ですか

先日給料日を前にしてお金がなくなってしまったので、友人に貸してくれと相談したところ、それならいっそのことカードローンを契約してしまってはどうかと言う話になって、軽い気持ちで申込みをしました。ところが審査に落ちてお金の都合が付けられず、結局その友人に借りることになってしまったのです。この時はそれで切り抜けられたのですが、給料日前に金欠になると言うようなことはよくあるので後から考えてみると審査に落とされたのは深刻なことだと考えるようになりました。

毎月の様に友人たちから借りなければならないような事では皆に迷惑をかけることになり、借りることも出来なくなれば大変困ったことです。そこで再度カードローンを申込んでみたいのですが、何度も何度も申込んではいけないと言うような話も時々聞くため、躊躇しているところです。そこでお聞きしたいのですがカードローンの審査落ち後再申込みをする場合、どのような点に注意すれば良いのか教えて下さい。

続けて申込むと申込ブラックになるので間隔を空ける事が重要です

カードローンを申込んで審査に通らなかった場合、すぐに別のカードローンに申込むと金融機関によっては審査に通さないことが有ります。これは金融機関によって考え方が違いますが2件目程度なら関係ないとするところも有れば2件目から駄目だと言うことも有ります。場合よっては3件目からは駄目と言うところも有るので、再申込が全て駄目と言う訳ではありません。ただし安心して申し込むためにはある程度間隔を空けて申込むようにした方が安心です。

ではどの程度開ければよいのでしょうか。連続して申し込んでいると見做されるのはだいたい1か月以内なのですが、契約に至らなくても申込んだ情報と言うのは信用情報中に記載が残ります。この情報は申し込み後6か月残ることになっています。したがって申し込みブラックを嫌うのであれば、6か月の期間をおいて再申込をすれば少なくとも以前の申し込み情報が審査の邪魔をするようなことはありません。そこであなたも6か月たってから再申込をしてみてはいかがでしょうか。

ただし、1つ気になる点が有ります。お話からあなたは会社員のようですが、会社員であればどの様な雇用形態であっても金額は低いかもしれませんがある程度安定した収入が有る筈です。それなのに審査に落とされたと言うことは何か問題が有るのかもしれません。例えば以前債務整理をしたことが有るとか、借金の返済が遅延したとか、様々な支払いが滞ったとかと言うことです。そこでまずそういう点について良く調べてから次を申込むようにして下さい。

もしそれに該当するようなことが有ればあなたはブラックの状態です。そうだとすれば債務整理をしたような場合には10年間、その他の場合には5年間は信用情報からその情報は消えませんから、その間は再申込をしたとしても結果は同じことです。もしその場合でもどうしてもお金が必要と言う事であれば、ブラック対応を謳う消費者金融を探して融資を受けるしか方法は有りません。したがってまずは自分の状態を正確に把握することが必要なのです。
(⇒ブラックでもお金を借りたい!という方にオススメ記事

カードローンの審査落ちしたら直ぐ再申込みして大丈夫なのか

カードローンの申し込みに審査落ちした時に直ぐに再申し込みするべきなのか悩む人は少なくないです。そもそも1度落ちているのに再申込みして審査に通過できるのか疑問に思うはずです。審査落ちしてからどのように再申込みをすれば審査に通れるのか説明します。

まず、落ちる理由を理解する必要があります。落ちる要因は様々ですが多いものに総量規制について知識が無い場合が挙げられます。総量規制とは消費者金融のカードローンに適用される貸金業法という法律です。この法律の内容は借り入れる人の年収3分の1を超える貸し付けをしてはいけないというものです。

例えば借り入れる人の年収が300万であれば3分の1の100万が最高限度額です。この知識が無く既に総量規制ギリギリまで借り入れている人が新たに申し込みをして審査落ちするパターンが多いです。総量規制は消費者金融で借り入れている総額に適用されるものなので、複数社の申し込みが総量規制を超えてはいけません。既に総量規制ギリギリまで借り入れている人が再申込みするにはある程度返済をしてからになります。

その他の問題として消費者金融で借り入れを申し込みすると指定信用情報機関に申し込み内容が登録されます。消費者金融の間で指定信用情報機関に登録された情報は参照することが可能です。したがって審査落ちしたからといって別の消費者金融で直ぐに申し込みしても他社での申し込み情報が確認されます。どういった申し込み内容で審査に落ちたのか確認できるので、再申込み先でも同じ理由で落ちる可能性が高いです。

この指定信用情報機関に登録された情報は直ぐに消えない為、数ヶ月は再申込みに期間を置く必要があります。カードローンの審査落ちしたら指定信用情報機関に登録された情報が消えるまでの間は、他社で借り入れがある人は数ヶ月それを返済したり、勤続年数が短い人は勤続年数を延ばしてから申し込むことで審査に通りやすいです。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査に落ちてしまった!という方にオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ