> > > 審査落ちるとカードローンはどういう対応をしてくれるの?

審査落ちるとカードローンはどういう対応をしてくれるの?

審査に通った時の話というのはカードローンの口コミなどを見ても、結構載っているのでなんとなく分かるんですが、カードローンの口コミには審査落ちた後というのはどうなるのかというのが載っていないところがほとんどです。

カードローンで審査落ちるとどういう対応をされることになるのでしょうか。なにか対応が悪かったりするものなのでしょうか。

審査落ちるとカードローンとは縁が切れるだけ

審査落ちる時の話などはあまり口コミなどでも話されていないのはそのとおりでしょうね。口コミではどうやったら審査落ちないかという話や、通るためにはどうするか?という話はあるけれども、実際に申し込みをして落ちてしまったらどうなるか?という話は案外載っていないものです。とはいえもし審査落ちると単純に業者との縁が切れるだけだということです。

単純に業者との縁が切れるというのは、申し込みをした情報などをすべて破棄されて、後はその業者からも連絡が来ることはないというわけです。だから審査落ちると今まで電話をもらったり、職場に在籍確認などが行われたりしていたと思いますが、そういったことも全てなくなります。落ちたかどうかということは伝えてくれますが、それ以降は一切連絡がなくなるのです。

ですので次の業者に連絡を入れて申し込みをすると言う選択肢になるでしょう。もちろん借り入れをしなくてもいいと感じるのであれば、そのままでもいいですが、借りたいと思って申し込みをしたわけですし、新たな業者に申し込みをすることがベターな解決方法ではないかと考えられます。

この時申し込みをしたということ、そして申し込みから落ちてしまったということについては業者側も把握することになります。金融関係の信用情報にはそういった事も書かれることになりますから、落ちてすぐに何件も連続で受けるようなことはやめておきましょう。ある程度間を数ヶ月開けてから申し込みをするのがいいと思います。

審査に通った人はカードローン業者といい関係を作ることができますが、落ちたらもうそれは他人ということなのです。だからもう忘れて次に進むのが一番でしょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

カードローンの審査落ちるのはどんな場合?

カードローンとは、冠婚葬祭などでの急な出費や、外出先などでお金が足りないという時などに便利なサービスです。コンビニや銀行などにあるATMを利用し、上限以内であれば自由に好きな金額を借りることが可能です。このカードローンを利用するためには、金融機関の利用審査を受けなければなりません。審査では、その人にお金を貸してもちゃんと返してくれるのかという、返済能力の有無が大きなポイントとなります。安定した収入が継続的にあり、過去に返済の遅延などの金融事故を起こしていなければ、大抵の人は融資をうけることができます。

審査に通りやすい人の特徴は、年収は400万円以上、ほかに借金を抱えていない、過去に金融事故をおこしていない、持ち家に住んでいる、などがあります。また、職種や勤務先、雇用形態にも特徴があり、公務員や大手の上場企業など安定した職場に勤めていたり、勤続年数が10年以上、正社員であれば、月々のまとまった収入が確実に得られることから、審査での申請者の返済能力が高いと判断され、融資の可能性も上がります。
(⇒カードローン審査に通りやすい職業ってあるの?

一方で、審査落ちる人の特徴は、収入がゼロの無職であること、過去に返済の遅延や、返済しないでそのまま放置しているなどの金融事故を起こしていることなどがあります。これに当てはまる場合、大手の審査はすべて落ちてしまいます。また、審査に通るように、申し込みの際の提出書類に年収や勤続年数をごまかして書くなど、虚偽の記述をした場合も信用度が下がります。短期間に繰り返し申し込みをしている人も、お金が足りていない、不安定な様子がうかがえるため、マイナスの印象になってしまいます。

このように、カードローンの審査では、年収や債務など、個人の信用情報を細かくチェックされます。カードローンの申し込みを考えている場合、支払の延滞などのトラブルがおきないように、普段から引き落としに設定している口座の残高に気を配っておく必要があるでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ