> > > 使ってないカードローンがあったら審査に落ちるって都市伝説なの

使ってないカードローンがあったら審査に落ちるって都市伝説なの

銀行や消費者金融でお金を借りるのに、使っていないけど借入枠のあるカードローンがあったら審査に落ちると聞きました。でも、借りてもないし使ってもないのに審査に落ちるっておかしいですよね。ただの都市伝説ですよね?

都市伝説ではありません、事実です

消費者金融も銀行も、外部組織から提供された信用情報を使って審査をしています。ところが、消費者金融が使う信用状情報の会社は主に2社ですが、銀行は3社使います。3社のうち2社は消費者金融の情報を元にしており、1社は銀行の情報を元にしているからです。そのため、審査は銀行の方が少し厳しくなります。消費者金融からの借入だけではなく、銀行からの借入も審査に入るからです。
(⇒カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローンは消費者金融でも銀行でも取り扱っている「金融商品」です。住宅ローンやマイカーローンとは違い、決まった使い道があるわけではなく、借入枠があればいつでも自由にお金を引き出して使うことができる性質を持っています。ですから、カードローンの借入枠があるということは「いつでも借入限度額までは借金が増える可能性がある」ということになります。

例えば、マイカーローンで100万円の借入がある人がいます。返済期間を5年と設定していれば、その100万円の借入は5年後には間違いなく0になるはずですよね。

ところが、カードローンで100万円の借入枠があったとして、今はまったく使ってない状態であっても、5年後も借入のままとは限りません。5年の間に借入をする可能性は大いにありますから、この場合「100万円の借入をいつでもできる=100万円の借入がある」とみなせば、100万円を除いて確実に返してもらうためにはいくら貸せばいいかを計算できます。
しかし、同じ条件でもカードローンの借入枠を持っていない人ならば、100万円を借入するかもしれないリスクはありません。

ですから、銀行でも消費者金融でも、借入枠のあるカードローンを持っていれば「借入額がある」とみなされることで条件が悪くなり、審査に落ちる可能性は十分にあります。今使っていなくて今後も使う予定のないカードローンがあるのなら、解約しておく方がいいでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に落ちる人の共通点

使ってないカードローンを持っていると住宅ローンの審査に落ちる都市伝説

住宅ローンを申込みの時に、審査に落ちる都市伝説として使ってないカードローンを持っているからという都市伝説があります。この真偽についてですが、あながち都市伝説ではなく事実である面があります。住宅ローンの申し込みもカードローンと同様に信用情報調査があります。そこで、消費者金融のカードローンの借入があると、融資が断られることがあります。

しかし、消費者金融系のカードローン使っていないのであるから関係ないと思われるかもしれませんが、実はこのことがおおいに関係があるのです。たしかに以前消費者金融系のカードローンを使用していてお世話になっていたが、すでに借り入れした金額は全額完済しており、残高も一切残っていないはずである。

しかし、それはいくら完済をしたからといっても解約の手続きをしていなければ住宅ローンの申し込みをしても断られてしまうことがあるのです。消費者金融のカードローンは、包括契約といって契約したカードローンの限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れや返済は自由です。

借り入れは一度だけでなく融資余裕額がある限り何回でもできます。完済して残高が0になっても、融資余裕額があればまた借入することができるのです。そのため完済しても解約をしていなければ、ずっと契約してある状態でありいつでも借り入れができるのです。

住宅ローンの審査では消費者金融と契約している取引をしているだけで、融資断りとなる厳しい会社もあります。使っていないカードローンがあり住宅ローンを申込みたいのであれば、まずカードローンの解約をすることからです。解約は残高がなければ電話一本で解約したい旨を伝えれば、解約手続きとなります。信用情報機関にも解約済みの情報の報告がいきます。

ただし、リアルタイムで報告はいくわけではないので、すぐにても住宅ローン申込みをしたい場合は、解約証明書ももらうなどして、それを提出することで審査をしてくれます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ