> > > 自己破産してしまいカードローンで審査落ちとなっています

自己破産してしまいカードローンで審査落ちとなっています

自己破産してしまいカードローン審査落ちとなってしまいやすくなっています。通るものもあるのですが、ノンバンク系ばかりとなっていて焦っています。これから先、銀行でカードローンというのは不可能でしょうか?

4年~10年で情報が解除されます

回答からとなりますが、「ブラックリスト情報については5年前後で解除」となっています。また、実際にブラックリストになった人のカードローン記録についてはネットでも公表されているのですが、4年~10年で解除されるケースが集中しています。つまり、11年以上経過しても借金できないという人は稀なのです。

次に、ノンバンク系ではカードローンができると仰られていますが、それであれば「銀行のカードローンでも契約できる」可能性があります。何故かというと、先ほどの信用情報についてはトラブルを出していない業者には影響を与えないからです。ノンバンク系は、そのままですが銀行との関係が非常に薄いです。つまり、カードローンに対する信用を図る上では便利なのです。

そして、今回は借りられているということなので、「金額を意識する」ようにすれば借りられるというのもわかりました。ただ大事な事に、関連銀行のすべてで借りられなくなっているというのを忘れないで下さい。こちらの判断については、「保証会社が過去に利用したものと一致しない」というケースで探すようにします。保証会社については、銀行などのホームページの業者情報に記載がされていますので、こちらでチェックをするようにします。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に落ちたときは再度申込みしてもいい?

カードローン審査落ち自己破産のデメリットは?

カードローン審査落ち自己破産は、自己破産が原因でカードローンに落ちるということですから、実際は自分でも
ダメモトで申し込んでいる可能性が高いでしょう。カードローンの審査に落ちても「やっぱりね」と納得するものですが、実はこの行為が5年後10年後に大きく影響してしまいます。

自己破産をしたことは、信用情報機関に登録される情報です。これが消えるのはCICやJICCでは5年、全銀協では10年です。その間は信用情報を閲覧されれば、しっかりとその事実が分かるようになっています。

5年10年経っても、自己破産の時に迷惑をかけてしまった金融業者は、その情報をずっと保有します。そのため「もう信用情報機関にも掲載されていないからもういいだろう。」と申し込んでも、その会社からは否決されます。それはアタリマエのことです。全く迷惑をかけておらず、迷惑を掛けたところの系列でもない金融業者に申し込みを行うのが、一番審査に通る可能性が高くなります。

しかし信用情報機関に自己破産の事実が掲載されている時点で申し込めば、「この人は自己破産をした人だ」ということが知られてしまいます。そういった情報は自社に残すものですから、信用情報機関の掲載期間が経過した後も、その金融業者の利用が難しくなります。要するに「自分で自己破産したということを吹聴して回った」ということになるのです。これは大きなデメリットです。

自己破産をして間もない時にカードローンを利用したいといったときには、自己破産者に対して柔軟な対応を行なっている貸金業者に申し込みましょう。「自己破産した人には貸してはいけない」ということは法律で定められていることではありません。そのため会社ごとの経営方針によっては、自己破産者にもその時の経済状況を見て積極的に貸付を行う貸金業者もあります。

そういったところでクレジットヒストリーを積みながら、10年経過するのを静かに待つのが、信用を取り戻すには順当な手段です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ