> > > 一般人でもカードローン増額が通りやすい理由を教えて下さい

一般人でもカードローン増額が通りやすい理由を教えて下さい

サラリーマン金融だけでなく、銀行であっても一般人でもカードローン増額が通りやすいそうですが、その理由についてはどのようになっているのかが気になって仕方ないです。

一定のタイミングで審査されているからです

カードローン会社については、基本的に一定のタイミングで審査を行うようにしています。古い業者では、利用者の個人情報を再確認するために確認の電話などをかけるなどしていたのですが、現代では「増額チャンスの到来」を教えてくれるようになっているのです。増額チャンスというのは、通常のカードローン増額とは違って、一般的な利用があれば誰にでも行われる増額チャンスのことです。

一般人でもカードローン増額が通りやすい理由については、基本的にこれが該当すると思っておいてよいでしょう。次に、増額チャンスの詳細についてですが、基本的に半年ほど返済で滞りがないのであれば、業者から電話連絡かメールで連絡がくるようになっています。内容については、「増額を検討して頂けないでしょうか?」というものですが、基本的にデメリットのようなものはありません。

というのも、業者にしてみれば安定して利用してくれる優良なユーザーとなっておりますので、通常より金利を下げて新しいプランである増額にチャレンジして欲しいと思っているからです。また、このような連絡があった場合には、基本的に審査については落ちないようにもなっていますので、連絡について返信されると即日に増額対応されたりもするのです。それだけでなく、増額をしておくとカードローン評価そのものが高くなるというメリットまであったりもします。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローン増額が通りやすい理由どうしてなのか?

カードローン増額が通りやすい理由としてどういったものがあるのでしょうか。もちろん、中にはカードローンの増額が拒否された人も結構います。ですが、通りやすい人は意外と通りやすいのです。それはどういった理由から来るのでしょうか。

まずは、その人が昇給し安い人である場合です。カードローンを増額するには当然ですが、その増額分に見合う収入を確保している人が増額されやすくなります。例えば正社員であれば確実に、その人の年収は時間と共に昇給して行きますので比較的カードローンの増額申請にも通りやすくなるのです。

また、正社員であればよっぽどの事が無い限り、リストラされることはありません。仮にあったとしても希望退職としてのリストラが濃厚でしょう。正社員がまず解雇されるという事はそうそうないのです。そのため、カードローン会社からも正社員の人は安定的だと思われるので増額申請にも通りやすいのです。

ただし、いくら正社員でも返済が延滞していたり、短期間だけしか使用していなければ増額申請はあまり通りません。返済が延滞して増額申請が通らないというのは当然と言えば当然でしょう。延滞した分だけ、信用が落ちますし期日通りに返済しない人はある意味約束違反ですからね。さらに、長期的な利用をしていない人は、それだけあまり信用の実績も少ないと言えるでしょう。まだまだ、増額するにはあなたは実績が足りませんねと判断されるの事もあるのです。

しかし、長期的に利用しており、返済もしっかりと守るというのはある意味、真面目な人にとっては簡単なことです。ですので、正社員かつ真面目にカードローンを利用していれば増額申請ってあっさりと通過することができるのです。ただし、安定的な職についていない派遣労働者パートやアルバイトの人にとってはこれはちょっと難しいかもしれません。リストラされやすい上に、収入も必ずしも昇給が見込める雇用形態ではないからです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ