> > > どうしても通したい思いがあり甘いカードローンを探しています

どうしても通したい思いがあり甘いカードローンを探しています

近々、カードローンでちょっとした旅行などを楽しもうと計画しています。そこで、どうしても通したい思いもあり甘い審査をしている業者を探しているのですが、オススメの業者はないでしょうか?

サラリーマン金融全般がオススメです

銀行やサラリーマン金融で迷われているのであれば、サラリーマン金融がオススメとなります。また、金利など利息計算をしていくと銀行カードローンのほうがかなり安定して返済が行えます。ですが、サラリーマン金融は「本当の意味でお使いみち自由」となっているので、どうしても通したい思いがあるのであればオススメとなるのです。

また、お使いみち自由については銀行カードローンも同じです。ですが、銀行カードローンの場合にはお使いみち自由になっているようでなっていないのです。例えば、申込まれる融資(プラン)によっては使い道が私的な内容であった場合には審査落ちになりやすいです。次に、制限もありますので大金を借りられる可能性も低いと思っておいてください。

時折、銀行カードローンというと「大金を借りられるから審査を受けている」という人がいますが、銀行カードローンについてはそのようなプランも用意されているだけです。審査については、通常より厳しいので甘い審査とは言えませんし、今までにベーシックなプランで融資を受けてもいないというケースでは、想像されている以上に厳しい審査となるか、何度審査されても受からないことが多いのです。サラリーマン金融全般は、カード利用については特に制限を設けていません。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

どうしても通したいカードローン審査を受ける前の二つの注意事項

どうしても通したいカードローンがあるのであれば、審査に申し込む前に二つの注意事項を知っておくことです。
まず一つ目は、虚偽の申告をしないということです。虚偽の申告がどういうものかというと、カードローン審査でよくあるのは現在の借入金額を低めにすることや、そもそも借入をしていないことにする、また勤務年数を実際より長くする、年収を高くすることなどです。

各カードローン会社は、個人信用情報機関というデータベースを共有して持っているため、借入がいつ、どこから、いくら行われたのかを審査の段階で確認することが出来ます。つまり、借入金額を低めにしたり、借入自体をなかったことにしてもカードローン会社には分かってしまうのです。

また年収に関しても、カードローンの審査時には収入証明書や給与明細の提出が求められることがほとんどですので、虚偽の申告をしてもすぐにばれてしまいます。その他、なにかおかしいと感じさせるような申告があれば、審査の段階で必ず調査がされます。

このように虚偽の申告をしてもすぐにばれてしまいますし、それと同時に信用を失ってしまうため、審査に通らなくなるのです。

次のポイントは支払いの遅延や延滞がないことです。各カードローン会社によって基準が違うため、遅延や延滞があるからといって必ずしも審査に通らないというわけではありませんが、基本的には申込の直近3か月以内に、カードローンや携帯電話の料金、公共料金の引き落としなどの支払いに遅れや滞納がある場合、審査に通る可能性は限りなく低くなるといえます。

ですから、どうしても通したいカードローンであるならば、申し込みの前に支払い履歴を綺麗にしておくことが重要です。もしも、延滞や滞納がある場合は、きちんと支払いを済ませて、しばらく期間をあけて申し込みを行うようにした方がよいでしょう。上記二つの注意事項をしっかり確認して、事前に対策をしておけばカードローン審査が通る確率は確実に高くなります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ