> > > 審査通過出来なかったカードローンは、もう申し込めないのかな

審査通過出来なかったカードローンは、もう申し込めないのかな

そんなに深刻じゃない質問ですみません。でも気になってるので、お時間あったら教えて下さい。5年くらい前にカードローンを申し込みました。消費者金融系です。その時は凄くお金に困っていたわけじゃなくて、社会人になって3年経っても、すぐにお金を都合できるカードを持っていなかったので、いわば保険のために軽い気持ちで申し込んだんです。

申し込んだ会社は全部で3社。結果は……全部審査に通過できませんでした。その時は何で落ちたのか分からなかったんですけど、友人に「同時に違う会社に申し込んだからだよ」と教えてもらって納得しました。そういうことも関係あるんですね。軽い気持ちで申し込んだ自分が悪いと思って、それきりカードローンのことは考えないようにしました。

でもここの所、会社の経費の立て替えなどが多くなってきて、やっぱりカードがあった方がいいかなと思い始めました。持っていない人がいないくらいの世の中になってますし、持っていた方が何かと便利っぽいし。疑問なのは、過去に審査に通過できなかったカードローンでも、また申し込むことができるかどうかといことです。それとも他の会社にしておいた方がいいんでしょうか?今度は一社だけにするつもりなんですが……。

申し込みは一社ずつ!複数申し込みは避けましょう!

社会人になると徐々に経費の一時立て替えなどが増えてきますよね。それを機にカードローンの申し込みをする人が多いようです。会社の経費なので必ず返済が可能ですし、社会人にありがちな急な出費にも対応できますから、持っていても損はないでしょう。いざという時に資金がないとなると、社会人としてちょっと恥ずかしいことになってしまうかもしれませんしね。

過去に審査に落ちた理由、おそらくお友達が言った通りなのではないかと思います。他にも色々と考えられる理由がないわけではないのですが、それまで過去に大きな返済事故などがない限り、落ちる理由はそれしか考えられないのです。

同時に数社に申し込むと、申し込みブラックという扱いになってしまいます。これは返済が滞ったりした時のブラックのような重要度ではありませんが、「同じ時期に何社も申し込む」ということは、「短期間に大金を必要としている」という印象を与えてしまうということが関係しています。

短期間に大金が必要だと仮定すると、現状でとてもお金に困っている可能性がないとは言えませんよね。そうなると、金融機関側としては貸したお金を返してもらえないのではないだろうか、と不安に思ってしまうのです。過去にも大金を借り、返済できないまま自己破産をしてしまった顧客がいなかったわけではないからです。自己破産をすると返済してもらえなくなってしまい、丸々金融機関側が損することになります。

そういった事故を防ぐため、申し込みブラックという状況を設定しているのです。この申し込みブラックはあまり知られていないため、初心者さんがたまに同じようなことになってしまうようです。申し込みブラックの記録情報は半年で消えますので、半年経てば再び申し込むことができます。(こちらもご参考に→申込みブラックでもカードローンを利用できる?

申し込み先はやはり、一度落ちたところだと尻込みしてしまうかもしれませんが、今度は一社ずつ申し込んでみれば大丈夫です。大本命の会社に申し込むのが一番良いと思いますよ。それから利用実績を作り、必要なら他のカードローンの契約をすると良いでしょう。メインカードとサブカードに分けて使っている人も多いですから、何枚か持っていた方が先々便利ですよ。

自信があっても審査通過出来なかったカードローン

カードローンを作るにはそれなりの経済力や安定性が必要です。それらが備わっていない場合には審査に通る事が出来なくなります。それらを十分に知っている人は、審査に通る見込みが無い時にはカードローンを申請したりはしません。とりあえず申請してみようという考えでは、本当に必要になったときに審査に通らない事になります。

これは一度申請して審査に落ちてしまえば最低でも半年間は再申し込み出来なくなる為です。クレジットカードの審査の基準はそれほど高くは設定されていません。返済能力等は必要無いからであり、金利を付ける必要も無いからです。

しかしカードローンは根気良く毎月金利を付けて返済していく事が大切であるので、一定以上の収入や社会的信用を求められる事になります。

自信があっても審査通過出来なかったカードローンではオリックスのカードローンがあります。この会社は生命保険に関しても有名な会社であり、大手とされる会社の一つです。年収280万円で勤続年数が2年6ヶ月であれば、間違い無くクレジットカードは作れます。しかし、カードローンはこれでもまだ基準に満ちていません。

考察としては年収ではなく勤続年数と年齢が影響していると見られます。年齢は25歳であったので、まだまだお金を借りるには早いと判断されています。自営業を始める為にお金を借りるとも判断出来ず、年収もそれほど高くない上に勤続年数は3年以下ともなれば厳重な審査に通らないのは納得いきます。

この様に自分が一般基準よりも高いと考えていても、カード会社からすれば数万人の経歴を見てきておりまだまだ経済力がある人を知っているというところからも、審査の基準を満たしていないと判断されたと考えられます。

出来るだけ自分の年収に自信を持って、社会的信用度も上げてから会社を選んでカードローンの申請をする事が大切です。しっかりと、ここなら審査に通るという確信を持てる会社を探す事が重要です。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ