> > > 銀行のカードローン審査に通過できる方法を教えて下さい

銀行のカードローン審査に通過できる方法を教えて下さい

銀行カードローンの審査ってわかりにくい!人によって、「誰でも通る」という人もいれば「条件がそろった人しか通らない」という人がいます。ハッキリ言って欲しいのに誰からもハッキリしたことは聞けません。私は派遣で同じ企業に8年間勤務しています。ずっと住まいも変わらず実家から通っています。この8年間で時給が上がったのは1度だけです。

正直言って、その辺の新入社員の女子や、やる気のないお局様よりずっと仕事はしています。そんなこんながだんだん嫌になってきて、今の職場を辞めて、別の仕事を探そうと思っていますが、万が一、次の仕事が見つかりにくかった時のために、カードローンのことも調べています。ハッキリ教えてくれる人、いませんか?

派遣で8年勤務、実家住まい…、借金がなければ大丈夫でしょう

銀行のカードローン審査について両論があるのは、その人が銀行のカードローンに対して、どんなイメージがあるかによって大きく変わるからだと思いますよ。クレジットカードのキャッシングや、カードローンをよく利用し、詳しい人なら、銀行のカードローン審査は難易度が高くて、消費者金融は難易度が低いと理解しているんですよ。信販会社のキャッシングも消費者金融側に入るでしょうね。

たとえばカードローンに申し込むのが初めてだとか、他社での借入がなく、仕事も真面目に続けている人なら、銀行のカードローン審査は「すぐ通る」というイメージだと思います。銀行カードローンの審査は、借金がなく、ある程度の勤続年数の仕事があり、利用制限年齢の範囲内にいる人であれば、誰でも審査に通ると思っていいと思います。社会通念上問題がないと思われる人は誰もが利用できるという事です。

もっと簡単にいえば、社会的に信用があり、返済能力のある人ならだれでも審査に通過できるという事です。さらに銀行カードローンに通過しやすい方法は何かといえば、その銀行が取引銀行ならますます審査は通りやすいですよ。なぜなら、あなたのお給料が入る銀行なのですから、銀行側も毎月定期的に給料が入ってきていると確認もできるし、得体の知れない消費者ではなく、れっきとしたお客様なのですからね。

さらに、給料が振り込まれる通帳に”自動繰り越し機能”のついたカードローンにすれば、通帳残高がゼロになった時点で、引き落としや本人の引き出しが自動的に貸付けとなって利用できます。これは私たち消費者にとってもかなり便利で助かるサービスですが、銀行にもメリットが大きいんです。それは、自動的に貸越をしていますが、本人の給料が入ると、また自動的にその給料から返済することになるからです。

私は銀行のキャッシュカードで自分の預金もカードローンの借入もできるところが気に入っています。誰にも借入をしているとは思われませんからね。何より、返済日を覚えておかなくても給料が入ると勝手に引き落としてくれるところが安心です。うっかり返済忘れがありませんから万が一でも「滞納者」になることがないんですよ。銀行カードローンに通過できそうなあなたなら、きっと利用できますよ。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を選ぶには?

銀行系のカードローン審査を簡単に通過できる条件とは

銀行系のカードローン審査にスムーズに通過できる条件としてはポイントがあります。 融資までの時間を短縮した大手消費者金融のサービスと比較すると、銀行系のカードローンの場合は審査に時間が掛かることがあります。しかしながら、この金融機関の提供するサービスの場合は、融資の上限額が大きく、大幅に金利が安いので、返済の負担が小さくなり、非常に借り入れがしやすいのが特徴です。

幾つかの銀行系のサービスの場合は、その金融機関の預金が担保になり、この預金を基本とした融資となるので、融資金額の上限は大きくなり、預金の金額や勤務先の規模などの条件が加味され、融資条件の優れた利用しやすいサービスとなっています。

そして、この審査に通過するための重要なポイントとしては、申込者の収入や家族構成、他の金融機関からの借り入れの総額などがあり、個人の属性や借り入れに関するものが多くなるのです。カードローン審査では、これらの要素が総合的に評価され、融資の可否が決まります。現行の銀行系のカードローンは審査期間が短くなりつつありますが、この審査にスムーズに通過するためには、審査条件が緩和されたものなどを選ぶ事も大切です。

銀行系のサービスの大きな特徴としては、融資総額の大きなローンを組む際に適したものです。この高額な融資が提供されるというポイントから、この金融機関の審査では信用情報機関に情報を照会して、申込者の審査を入念に行います。

この個人信用情報機関では、個人情報だけではなく、他社からの融資の契約状況や履歴、借り入れの残高、金融事故の状況などが調査されます。この申込者の状況を判断して、申告内容に問題が無いかを調べるのです。これらの情報は一定期間残るもので、数カ月単位の延滞をした経験があれば、個人信用情報機関に事故情報として記録されます。そのため、この金融機関のサービスに申し込む際には、金融機関とのトラブルが無い事が重要なポイントとなるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ