> > > 一度審査に通過したら大丈夫?カードローンの増額方法

一度審査に通過したら大丈夫?カードローンの増額方法

カードローンで現在借り入れをしていて返済中です。契約した際、希望していた額よりも少なかったのですがとにかくお金が必要だったので契約をしましました。しかし、すぐに限度額に達してしまいました。最近、限度額を上げることができると聞いたのですが本当でしょうか?誰でも限度額を上げられるのでしょうか?

一度審査に通過したら大丈夫?カードローンの増額方法

限度額を増額する申し込みは借り入れから半年経てば誰でも行うことができます。ただし、増額に伴って審査がまたあります。審査は初めの借り入れの時よりも少し厳しいと言われていますが、以下のことに気を付けていれば増額できると思いますよ。

半年間遅延や滞納を行っていない。これは、貸したものをちゃんと返せない人にさらにお金は貸せないですよね。きっちり半年間返済をしておくことが重要です。次に他社から借り入れをしていない人。これも他から借り入れしているのに何で増額するの?ということになります。他社の返済に充てるために増額をするのではないかという疑惑も持たれるので、他社から借り入れを行っている場合は審査に通りにくいですね。

そして、収入が減ってしまった人。仕事が変わったり減俸されたり色々あると思いますが、初めに提出している情報に変更が生じたならばすぐに連絡するようにして下さいね。特に収入は返済能力を査定する上で一番大切なことでもあります。もし、申し込みの時に収入が下がっていることがわかると、借り入れ限度額の増額どころか減額もあり得るので気を付けて下さい。会社側から優良と見なされた場合は、会社の方から増額の通知を送ってくることもありますよ。

一度審査が通過したカードローンがダメになることはあるの?

一度カードローンの審査に通過して安心しているところで「ダメ」となれば、精神的にも「立ち直れない」とまで落ち込んでしまいます。ほとんど決まっていた融資がひっくり返ってしまうなど、カードローンであるのでしょうか。

銀行のカードローンには仮審査と本審査があります。殆どの場合が仮審査の時点で融資の是非は決定します。本審査はその確認作業になるのですが、仮審査で提出した申込書と本審査で確認する書類との間に相違があると、それが原因でカードローンの審査結果がひっくり返ってしまうことがあります。

少々のことならば訂正で済みますが、申し込んだ銀行が重視するところが違う場合もありますので、「何が一番原因となりやすいか」といったことは一概に言えません。しかし仮審査と本審査の間に転職や引越しがあった、実際の収入と申告していたものが違った、借入件数や金額が増えていたなどは、ネガティブな要素となります。

貸金業者のカードローンは「仮審査」と「本審査」はなく、ほとんど審査に通れば融資は実行されます。しかし審査と融資実行までにタイムラグがあると、再度信用情報機関から情報を請求することがあります。その内容が申し込んだ時点と変わっていれば、通過していた審査が取り消されることもあります。審査が通ったからと安心して他のところに申し込んだ場合にも同様です。申し込んだ時点での信用情報を含む個人情報や状態が、融資実行の直前まで全く変わらないというのが順当です。

審査に通ってから契約書類が郵送され、確認書類と共に返送し、金融業者にそれが届いて確認されてから融資が実行されるか形の場合には、最後の最後で契約できなかったということがあります。口コミなどで「個人情報だけを集めるブラック企業だ」という意見もありますが、自分にとってマイナスなことは、往々にしてそういう場では口にしません。何かしらのネガティブ要素が、書類を確認した時点で見つかったという可能性のほうが高いでしょう。

またいい加減な記入をしているということで、信用を無くしたということも考えられます。融資は実際に厳禁が手の上に乗るまでは、安心出来ないものです。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査についてもっと詳しく!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ