> > > カードローン予備審査を通ったけど、この後はどうすれば良いの

カードローン予備審査を通ったけど、この後はどうすれば良いの

融資を受けるため、消費者金融を選び、とりあえずホームページにあった予備審査というコンテンツから審査を申し込んでみました。内容は個人情報から年収、更には勤務先の情報までを入力し、どうやら予備審査は通ったようなのですが、この後はどうすれば良いのですか?

メールの指示に従い、お申込手続きを終えて下さい

予備審査や仮審査など様々な名称が御座いますが、その入力量なら、実質お申込手続きの本審査と同義のものですので、既に審査は通ったも同然です。ご安心下さい(よくクイック診断やスピード審査といったコンテンツがありますが、あれらはスクリプトを利用した簡素なものです)。しかし消費者金融によっては勤務先への在籍確認が残されている場合もあり、まだまだ油断は禁物です。

以降のお手続きですが、予備審査の通過を知らせるメールに、この後のお手続きについての記載はありませんでしたか?見落としている可能性が高いので、もう一度メールを開き、最下部までスクロールして下さい。記載が確認できれば、あとはメールの指示に従うだけです。

通常ならば、この後は本審査、契約、カードのお受け取りとなります。今回の場合、予備審査(仮審査)と本審査に重複する部分が多いようなので、先程も申し上げた通り、在籍確認が残されていないなら心配はありません。在籍確認への対策ですが、予備審査の際に代表番号を記入してしまったのなら、所属部署の電話番号を消費者金融にお伝えしておいた方が良いでしょう。勤務先へ話を通しておけば、尚確実です。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローン予備審査を通ったが落ちた理由とは

カードローンを利用する際にはまず申請をする事になります。その申請の際に予備審査をする事を求められる場合があります。これは、本審査を行ったとして通過する事が出来る経済力があるかどうかを調べる為のシステムです。このシステムによって経済力の無い利用者を淘汰する事によって、会社側は人件費削減のメリットを受けます。毎日多くの利用希望者が申請をしますが、そのうちの半数が本審査で落ちる事になります。明らかに基準を大幅に下回っている人物の審査は時間の無駄になってしまうので、こういった予備審査で落としてしまうのです。
(⇒カードローンの仮審査と本審査、どういう違いがある?

この予備審査では経済力に関しての数値のみ入力する事になります。これは会社によって基準が違っており、他社で予備審査に通ったからと言って、また違うカード会社の予備審査に通るとは限りません。審査を数社受けてようやく一社だけ通ったという事例は多く存在します。この予備審査に通って初めて本審査に通る可能性があると判断される事になります。カードローン予備審査を通ったのに本審査で落とされてしまったという人は大勢存在します。

ではどういった理由から落とされたのかを推測してみます。まず、個人情報や経済力を示す数値に偽りがあった場合です。間違いだったとしても、カード会社としてはそういった責任の無い間違いをしてしまう利用者にはカードローンの利用許可を降ろしたく無いので落とす事になります。

悪質な間違いであった場合には今後一切申請する事が出来なくなる場合もあるので注意が必要です。次に、在籍確認や本人確認を取る事が出来なかった場合です。本人確認や在籍確認は審査の過程において必須項目であるので、拒否されたり証明出来なかった場合には審査は中止されます。最後は社会的信用度が基準に満たなかった場合です。日頃の光熱費や税金等の払わなければならない料金を払っていなかったり、滞納している場合には審査を落とされる事があります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ