> > > イオン銀行カードローンには本人確認が必要ないって本当?

イオン銀行カードローンには本人確認が必要ないって本当?

普通カードローンを申し込む際には、審査や在籍確認など面倒な事があると聞いています。お金を借りるから仕方がないかとは思いますが、やはり手間が省けられるならばそれに越したことはないと思います。

そんな中、イオン銀行のカードローンは手間の一つの本人確認の必要がないと聞きました。もしそうなら書類の用意が1つ減って楽だから考えようかと思うのですが、本当なのでしょうか。できれば、働いていない主婦としてはただでさえカードローンの申し込みがし難い所が多いので、少しでも手軽に申し込みできると嬉しいのですが…。

イオン銀行のカードローンの申し込みでも本人確認は必要です

イオン銀行のカードローンは、専業主婦でも申し込みできると言う点で主婦には好評のカードローンです。普段買い物をする場所でもあるし、ネームバリューもあるし、主婦には身近に感じるところでしょう。他の銀行や消費者金融よりも敷居が低いのは当然かもしれません。

そんな主婦でも使えるようになっているのはやはり女性陣からすれば嬉しい事でしょう。他行や他社にも、専業主婦でも借り入れができるようにはなってはきていますが、まだまだ全部が専業主婦に対応していない現状はあります。

専業主婦でも借り入れがしやすいようになっている特徴の一つに、収入証明の不要という項目があります。もちろん金額での設定はありますが。そもそも専業主婦でも借り入れできるとありますが、専業主婦の場合、借り入れ額の上限が決まっています。仕方がないことでしょうが、それでも主婦が借りられる額としては妥当な50万円という金額にはなっています。
(⇒専業主婦とキャッシングに関係するオススメ記事はこちら

そして、その50万円でしたら収入証明書が不要になります。実際には100万円までは収入証明書が不要です。これも収入のない主婦には大変ありがたいことでしょう。もちろん、専業主婦でなくとも100万円までは収入証明書は不要ですので、申し込み者によっては提出書類が1つ少なくて済むので手間が減り助かることになると思います。

ということで、不要な書類は収入証明書になります。本人確認の書類が不要ということではなく、実際に不要なのは収入証明書の事になるのではないでしょうか。もちろん、状況によって金額は100万円以下でも収入証明書が必要な場合もあるかもしれません。

本人確認の書類ですが、運転免許所のコピーで充分なので、あまり難しく考えなくていいと思います。もちろん個人情報には変わりないので大切な書類には違いありませんし、人によっては自分の情報を提出するのに抵抗を感じるかもしれませんが、ローンを申し込む以上、それは仕方がないことでしょう。

実際に申し込みとなれば、店まで出向かなくても申し込みはできるので、手間を考えれば多少は負担が減るのではないでしょうか。その変わり書類が郵送で届くなど時間が通常よりも掛かるかもしれません。もし、急ぐようならば店舗に出向いた方が早いです。

何にしても、お金に関わる行為と考えれば、必要な手間は省くことはできないでしょう。

イオン銀行カードローンの本人確認書類について

ATMへ出向き、カードを入れ暗証番号と金額を入力する。わずかこれだけの手順でお金を借りることができる利便性の高い世の中になりました。急な出費を強いられることの多い現代の社会人にとって、とっさにコンビニなどに駆け込んでお金を借りることのできるカードローンは強い味方と言えます。必要な時に必要な額を借りることができますし、用途も自由で返済も毎月一定額となっています。急な出費で大きな額を借りても、計画的に返済ができるので支出管理に大いに役立ちますね。(こちらもご参考にどうぞ→自分に合ったカードローン会社を探したい方にオススメ!

現代社会に数多く存在するカードローン商品ですが、手軽さと利便性を求めるならば、イオン銀行カードローンが良いでしょう。現在勢いのあるネット銀行業界ですが、その中でも知名度が高く利用者も多いイオン銀行の金融商品の一つがイオン銀行カードローンです。

コンビニや銀行ATMを利用することができますし、何より日本全国に存在するイオン銀行ATMを利用できるのがストロングポイントと言えるでしょう。イオン銀行ATMならば365日利用ができますし、手数料も無料となっています。急な出費などの時に大いに活躍してくれることでしょう。
自分の利用用途に合わせて限度額・金利を3種類の中から選ぶことができるのも嬉しいですね。

そんなイオン銀行カードローンの申し込みについてですが、店舗や電話、インターネットなどで申込用紙を取り寄せ、必要事項を記入して必要書類を添えて郵送にて行います。その際に本人確認書類が必要となるので、忘れずに用意をしましょう。本人確認書類として有効なのは、運転免許証、パスポート、健康保険証、住民票の写し、印鑑証明書などとなっておりいずれも有効期限内のものが必要となります。住民票の写しや印鑑証明書の場合は発効から3か月以内のものが必要となるので注意が必要です。

また、申込限度額が200万円、300万円の場合は所得証明書のコピーや源泉徴収票のコピーなど年収を証明する書類が必要なので併せて注意が必要です。尚、限度額が50万円や100万円の場合は年収の証明書は原則不要となっています。

【参考ページはこちら】
イオン銀行のカードローンはカードが届くまで使えない?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ