> > > 仮審査が通過すれば、カードローンの審査は大丈夫ですか

仮審査が通過すれば、カードローンの審査は大丈夫ですか

カードローンの申し込みを考えており、消費者金融各社のホームページを見て調べていたのですが、その中に仮審査なるコンテンツがあったので、試してみました。仮審査の結果は合格のようで、とりあえずは問題無いとのことです。仮審査が通過すれば、カードローンの審査(本審査)は大丈夫ですか?

仮審査によりけりですので、一概に断定はできません

大抵の消費者金融には、ホームページに「仮審査」と呼ばれるコンテンツが存在しています。しかし、ややこしいことに、消費者金融によって内容は大きく異なっているのです。つまり、仮審査によりけりですので、一概に断定はできません。また、文面からもどういった仮審査を受けたのかが判断ができませんので、とりあえず、仮審査の主な例を2つ挙げておきます。

まず1つは、スクリプトで動作する単純なもの。「スピード診断」や「クイック審査」とも呼ばれています。年収や融資限度額等を入力すると簡単なプランを提示してくれるのですが、信用情報機関の事故情報(俗に言うブラックリストです)までは調べられませんので、過去数年に自己破産等の経験がある方は、実際の審査結果と大きく異なる可能性があります。

2つ目は、一般的なお申し込み手続きとほぼ同等の入力量をこなし、無事通過できれば、そのまま契約手続きへと移行できるもの。本来の意味での「仮審査」に近いのはこちらですね。こちらの仮審査を通過できたなら、本審査も問題は無いと思って良いでしょう。しかし、仮審査を通らなかった場合は、信用情報機関に履歴が残ります。特に融資を焦る余り、短期間に何社も申し込まないよう注意をして下さい。
(⇒仮審査後の本審査に落ちることなんてあるの?

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査に時間がかかる場合は否決?

仮審査が通過すればカードローンは利用できるのでしょうか

最近ではカードローン会社では仮審査を行っています。これは本審査の前にする審査であり、単純な質問に答えるだけで審査の可否がわかるというものです。この仮審査が通過すればカードローンは利用できるのでしょうか。本審査に通ったも同然なのでしょうか。(こちらもご参考に→カードローンの仮審査と本審査の違いを教えて!

大体仮審査に通った方は本審査にも通りますが、必ずしも全て100パーセント通るとは限りません。中には通らない方もいるのです。仮審査の時にはあくまでも年齢や収入、他に借り入れしている会社の数や負債の総額などの単純な項目により可否を出しているだけであり信用情報は全く調べていないのです。信用情報は名前や生年月日を提示することによってはじめてできるようなるので仮審査の時にはできません。

過去に金融事故をしたことのある方の場合は本審査の時に落とされる可能性が高くなるのです。また本人には問題がなくても自分の配偶者に多額の借金があった場合でも落とされてしまうこともあります。仮審査に通ることは必須なのですが、これだけで安心してはいけません。

それでは逆に仮審査に落ちて本審査のほうで審査に通ることはあるのでしょうか。これはありません、そもそも仮審査で落ちますと本審査が受けられないことが多いからです。ただ、仮審査を自宅でネットからした場合、お店のほうに行って再び審査をしてもらいますと受かることもあるのです。ただこれはかなり稀なケースですので仮審査に落ちた場合には早く別のところで審査を受けたほうがいいでしょう。

あと仮審査のときに嘘を書いてしまいますと本審査で落ちることもあります。本審査では年収の書類の提出などもありますので嘘をつくとそれがばれることもあるからです。嘘をつくと不誠実な人だと思われてしまいますし今後の審査ではかなり不利になる可能性もあるので気を付けてください。カードローンは少額からでも利用できるのが魅力的です。給料日前のピンチの時期をしのぐのにはちょうどいいサービスです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ