> > > カードローンの審査が心配なのですが受かり方を教えて下さい

カードローンの審査が心配なのですが受かり方を教えて下さい

専門学校に通ったのですが就職先が見つからず、卒業後フリーターをしながら空いた時間に職探しをしています。フリーターですからその日に見つけたようなアルバイトをずっと続けているだけで、収入は安定しません。何とか家賃と食費など必要なお金を稼いでいるだけです。もちろん沢山稼げるときも有れば何日もアルバイトが見つからず収入の無い時期も有ります。そこでこのような安定しない収入をカードローンを利用してもう少し安定させることを考えています。

具体的には、足りない時に少し借りて、収入が多かった時期に一気に返済するようにします。これで収入の足りない時に多目の時のお金で埋め合わせることが出来るでしょう。しかし残念ながらフリーターでは審査に受かるのは難しいのではないかと心配しています。このため私のような収入が不安定な状態でも審査に受かるにはどうしたら良いのかを知りたいのです。就職できるまで何とか頑張っていきたいので良い方法を教えて下さい。

収入が安定しなければカードローンを借りるのは難しいでしょう

審査は金融機関毎に独自に行っていますから、絶対に通らないとは言えませんし、少額なら通すところも有るとは思うのですが、基本的にカードローンの申し込み条件では安定収入が有る方となっていますので、アルバイト収入が有ったとしても長期アルバイトとは違ってあなたのようなその日その日で短期アルバイトを繰り返しているようなフリーターさんの場合には審査はなかなか通りません。あなたも言っている様に収入が暫く途切れることが有るのでは金融機関は安心して貸せないのです。

ではどうしたら良いのかと言うと、就職先を探している状態なので短期で良いと考えているかもしれませんが、もしあなたの計画の通りカードローンを利用すると言う事であれば長期アルバイトに切り替えるべきです。どうせ毎日アルバイトしているのであれば何も短期アルバイトを続ける必要は有りません。長期アルバイトにして収入を安定させましょう。こうすればそもそもカードローンを利用する必要が無くなるか、必要が有っても短期アルバイトよりも信用が高くなりますから審査に通る可能性も高くなります。

それでは就職先を見つける活動が出来ないと思うかもしれませんが、長期アルバイトと言っても毎日毎日フルタイムで働く必要は有りませんので、必要な時には時間を空けることが普通のアルバイトならば可能です。心配ならアルバイトを始める段階でアルバイト先と話し合っておけばよいだけです。また長期アルバイトの場合、そのままそこの正社員になる道も用意されている場合も有りますから、そういうことを狙って探してみるのも良いのではないでしょうか。

長期アルバイトは日々の短期アルバイトで毎日お金を貰うと言う形ではなく月に一回貰うことになるので、最初の給料日まではちょっと苦しいかもしれませんが、とにかくお金を借りられない以上、そこを頑張るしかありません。そのためにはまずは家計簿のようなものをつけて自分の支出を見直してみてください。無駄な部分が有ればとにかくすべて取り去りることです。お金が入るようになった後もこれを続ければ少しづつお金も貯まるようになりますよ。

【参考ページはこちら】
どうしても審査に通りたい!審査の甘いカードローンはある?

カードローンの受かり方で最も正攻法な方法とは

カードローンの審査は誰にでも通る道ですが、人によっては自分のステータスに自信が無いためにカードローンの申込に踏み切る事が出来ないという人もいます。そういった人は仮審査のコンピュータによるシミュレーションで、自分のステータスを打ち込んで本審査に通るかどうかを見極める事になります。

仮審査に通ったからといって本審査に必ず通るというわけではありません。本審査と仮審査では審査をする人も審査される項目も変わってきます。仮審査では無機質な物に対して数字を打ち込むだけであり、大雑把な判断をするだけになります。(こちらもご参考に→仮審査に通ったら気をつけることってある?

カードローンの審査において大切な事は、経済力の有無だけではありません。社会的信用度が非常に重要な項目になります。この社会的信用は一年ほどで積み上げる事が出来るようなものではありません。成人してから今までの自分の行動の積み重ねが信用度に反映される事になります。

例えば税金や年金を滞納していたりすれば、それが記録に残ってしまいます。世間から見ればそういった払わなければならないお金を滞納しているのは、信用してもらえない要因の一つになってしまいます。また、一人暮らしの場合には光熱費や家賃の支払いの滞納も影響してくる事になります。これらは支払いを忘れていたという場合もありますが、故意に延滞しているという場合もあります。どちらにせよ個人の責任として扱われる事になるので、忘れていたでは済まされません。

そんなカードローンの審査の受かり方としては正攻法が一番早くて確実です。自分の年収や勤続年数を増やす事をまず第一に考えて、出来るだけ借金をする事なく暮らしていこうと考えます。そうすればいつの間にか充実したステータスを持つ事が出来る上に、堂々と審査に申込む事が出来ます。他社からの借入れも無い上に、支払い料金の延滞も無く正しく生活する事さえ出来れば、本当にカードローンが必要になったときにすんなりと審査に受かることが出来ます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ