> > > カードローン審査の通り方って決まってますか?

カードローン審査の通り方って決まってますか?

カードローンって審査項目が決まっているんですよね?どこに申し込みをしてもだいたい住所、氏名、生年月日、電話番号、職業、年収、勤続年数、借家か持ち家か、他社の借入れ件数や金額といった事を知らせますよね?というコトは、カードローン審査の通り方って決まっているのですか?

自分は公務員で勤続3年です。年収は400万円ですが独身でアパート暮らし、他社借入はしたことがありません。この状況で30万円を借りようと思ったら審査の通り方には当てはまっているのでしょうか?

カードローンでは必要な情報を知るために審査項目が似てくる

カードローンではだいたい、どこの会社でも審査項目は同じような内容となっています。これは収入が安定しているのか、他社からの借入れ状況はどうなっているのか、過去の返済状況はどうなっているのか、といった事を審査しようと思ったら必要な項目は似てくるというコトでしょう。審査項目が決まっているという訳ではありませんが、知りたい項目を絞ると似てきますよね。

審査の通り方としては収入が安定していればいるほど有利です。そのため公務員という職業は理想的ですね。収入が安定しています。他にも一般企業に勤務の場合では勤続年数が3年以上あれば安定した収入が見込めると判断します。(こちらもご参考に→カードローンを利用しやすい職業ってあるの?)また既婚よりは独身の方がお金の使い道が自由になるので審査は通りやすくなります。他社借入れがなければ返済に回すお金がないので安定して毎月返済できるという風に判断できます。

そのため、公務員で勤続年数も3年あり、独身、借入希望額も年収400万円に対して30万円と少ないので審査に通る可能性は高いです。あとは審査に通るためには申し込む時の申込書に誤字・脱字、記入漏れが無いように気をつけることが重要ですよ。

カードローンでお金を借りる時の審査の通り方

何か大きな買い物などをするときに便利なのがカードローンです。リボ払いなら月々分割で支払うことができますので、一枚持っていれば安心して使うことができます。とはいえ、初めてカードローンを組む場合は、どのカード会社でも審査を受けなくてはなりません。何のための審査かというと、その人にお金を融資して本当に返済することができるのか、信用のおける人物なのかを判断する必要があるからです。

このカードローンの審査には、仮審査と本審査の2つの審査が存在します。まず仮審査をおこなって、問題なく通過できれば本審査に移ります。本審査も通過することができればカードが発行され、カードローンの利用が許可されることになるのです。仮審査が通っても本調査が通らなければ、カードを発行してもらうことができません。

そうならないためにも、2つの審査を無事に通過する必要があります。そのためには2つの審査の通り方と特徴を、よく理解しておくことが大切です。仮審査で行うことは、まず申込者にお金を貸しても良いかを判断するために、最も基本的となる要素を簡潔に調べます。そしてコンピュータによって申込者の年齢や勤務年数、年収から融資可能かどうかを機械的に判断します。

このように仮審査は機械的に行われるため、スピーディーな審査です。また、インターネットからの申し込みなら簡単ですし、さらに早く審査結果がわかります。自動審査に匿名で条件を入力することで、何度も仮審査を受けることができますので、何社か受けて比較してみるのもいいかもしれません。

一方本審査は、機械ではなく人間によって審査が行われます。本人確認書類での本人確認や、申込者の自宅や職場に電話をかける在籍確認、過去の借入状況や返済状況でのトラブルの有無、申請内容の虚偽の調査等を丁寧に細かく確認していきます。確認後、融資可能と判断された場合は、金利や利用限度額などの貸出条件を決定していく流れになります。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査に関するオススメ記事

新着記事
カテゴリー
ページトップへ